読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない今日と云う日

偶然あの日出逢い恋に落ちたよ

まつらのそうし

今流行りの枕草子を仕事中にまつまつちゃんver.で考えてたので文字起こし(仕事して)


※設定:サマステのリハの休憩でのまつまつちゃんのおしゃべり。
※友情出演:平野紫耀くん



まつく(以下ま)「春はやっぱり…」
げんた(以下げ)「おれのたんじょーび!!!(食い気味)」
ま「…も、そうだけど、やっぱりあけぼのじゃね?」
げ「からあげ食べるの?」
ま「揚げ物じゃなくて、あけぼの」
げ「あけぼのってなに??」
ま「早朝のこと」
げ「そうちょー?」
ま「話が進まねーよ!!!」
げ「そうちょーがどうしたの??」
ま「だから、春の早朝よくね?って話。なんか山の端っこの方から、光が差して空が白くなっていく感じとか雲がシューってなる感じとかなんかまじやべぇ!!」
げ「まつく、空は青だよ。」

ま「…まぁいいや。元太夏はすき?」
げ「アイス!」
ま「言うと思った(笑)てかお前年中アイスじゃん。」
げ「夏の夜に食べるアイスちょーうまい!!!」
ま「あ、それわかる」
げ「お昼ももちろんだけど、たまに外でアイス食べてると、蛍とか飛んでんの!田舎だから!」
ま「まじ?蛍?やば!!それちょーやばい」
げ「てかまつく蛍ってしってる?」
ま「いや、知ってるから」
げ「まつくちっちゃいからしらないかとおもったー!」
ま「誰がチビじゃ!!!!って身長と蛍かんけーねーし!!!」
げ「(元太手を叩いて笑う)」

ま「いや、笑いすぎ。秋は夕暮れがやばい」
げ「ゆーぐれ?」
ま「このくだりもっかいやんの!?!?」
げ「夕方でしょ?」
ま「なんだよめんどくせぇな。で、秋の夕暮れに山の端っこに太陽が落ちていく感じすげーよくね?」
げ「まつく山の端っこすきなの?」
ま「そこじゃねーから(笑)なんかこう遠くの方で鳥が一列に飛んでるのとかまじやばい」
げ「おれねぇ、秋だったら虫鳴いてるのすき!」
ま「鳥の話スルーしすぎじゃね?でもわかる。なんかいいよね、てかお前それ俺のグミだから!!!」
げ「しょお〜!これ食べる?」
しょ「え、なんかめっちゃ斬新な味せぇへん?絶対新発売やろ」
ま「普通にぶどう味だし、それ俺のだし。あ、あと秋は俺の誕生日ね…!って話聞けよ!!」
げ「ん?なに?(グミ食べてる)」

ま「まぁいいや。で、冬はやっぱり早朝じゃね?」
げ「あげもの!!!」
ま「お前覚えた言葉すぐ使いたがるな(笑)意味とか全体的に若干違うし…まぁいいや。」
げ「冬さ〜雪降ってるのもいいけど、ふつ〜に朝外が白くなってるのいいよね!」
ま「寒いとやべぇってなってそっこーで火起こすのもなんかすげぇいい感じだし、でもなんか、炭白くなっちゃった昼くらいめっちゃやべ〜〜〜ってなるけど、まぁとりあえず何が言いたいかと言うと…っておい!話最後まで聞けよ!(向こうの方でまつくの斬新な味(ぶどう味)のグミの話れんれんにしてるしょおくんのところへ走って行く元太の背中に向かって)」



煌めいた奇跡たち 〜滝沢歌舞伎2016〜

2016年4月10日

11年目を迎える滝沢歌舞伎の幕があがりました。

まさか自分がこの舞台の出演者の担当として新橋演舞場でその幕開けの瞬間に立ち会うことが出来る日が来るなんて、本当に夢にも思っていなかったことで。

 

今でも、あの瞬間の現実味が全然なくて不思議な感覚が抜けなくてふわふわしていて、でもその舞台に立つ元太くんを見るたび、少しずつ永遠に見続けたい夢の中に連れて来てくれてる気がして(重い)幸せが止まりません。

 

元太くんが見せてくれるそんな素敵な夢を、しっかりと文字起こししておこうと思います。

 

 

 

 

開演前、場内にはBGMで♪WITH LOVEのオケが流れているんだけど、座席でドキドキしながら音楽を聴いている時間が抜群に好きすぎて、一人の時は開場と同時に席についてしばらくぼーっとして「あぁ…幸せじゃ…」ってお坊さんみたいな穏やかな精神統一してる。

 

開演時間になると少しずつそのオケのボリュームが大きくなって、ゆっくりと暗転して幕が開きます。

リボンのベールが幾つもかかった舞台上に、バレリーナがいて幻想要素に磨きがかかってるOP。純白の衣装の滝様が奥から出てきて、バレリーナの手を持ってくるくるーっとフライングするんだけど、はぁ滝様美しや足向けてねれませぬわアーメン!!!ってなる。

歌舞伎は女性ダンサーさんを使った綺麗な演出が多くて、舞台全体が上品さに満ち溢れてるから一瞬だって抜かりなく美しい舞台だなぁという印象でした。

 

滝「春の踊りは!よ〜いや…」

「「「さぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」」」

 

で白い幕が降りて、幕に過去の映像がデデデンデデデンデン!って映し出されて(表現のチープさ)、おっきく滝沢歌舞伎って文字がどーんって出たと思ったら幕ばーんって降りて(日本語)

っっあぁぁぁぁぁぁぁげんたくんいるぅぅぅぅぅぅうぅぅぅ(はじまった)

 

 

 

〜一幕〜

 

*:立ち位置 

 

・春の踊り

*上手:長妻根岸に担がれて両手あげて歌舞伎っぽいポーズ(?)で構えてる

ぴょんって飛び降りてから上手で少し踊って、客席一列目前に降りてきて滝様のフライングにざっ!って手を上げて待機するんだけど、まあここまでで10回くらい、「本当にあの人元太くんであってるよね?!?!?!?」って目を擦るターン。

銀と赤のキラキラの和装に身を包んで踊ってる元太くんやっぱり歌舞伎に出演してた…眩しすぎて失明寸前だった…すごい…本物だ…(夢心地)

 

・いにしえ

*滝様歌い始めたらせり上がりの後ろに上手から登場→正面にきたら下手に移動

とにもかくにも、いにしえの元太くんが好きすぎてわたしは!!!!

諸行無常〜でダンっ!って止まった時の力強さと鋭い目つきと男らしさ!!!まってやした!!!!(がや)

比較的ジャニーズっぽいダンスをする唯一の曲だなぁと思っていて、首くいってやったり、ウェーブっぽい動きだったり、個人的には両手を前に出してぴらぴら〜ってやりながら軸ぶらさずに体の重心ずらしてるダンスがめちゃくちゃ好きです(伝わらない)

紫と銀の衣装なんだけど、すごくおしゃれで、数ある衣装の中でも抜群にお気に入りかもしれない…リストバンドみたいなのしてるのみんなだいすきでしょ知ってる…

せり上がりの上で下手側2列目で踊ってるんだけど、最後のサビ終わりに元太くんが足蹴り上げながら中心の方に移動してきて、ま、ま、まさか?!と思ったら、滝様の真後ろ、つまり新橋演舞場の舞台の0番にくるじゃないですか!??!憧れの滝様の背中を真正面に見ながら滝沢歌舞伎の舞台でいにしえを踊る元太くんってどんな幸せな夢をみてるんだわたしは??!?!?!?!(まだ信じられない)

 

・三宅くん登場シーン

*下手の手前から4人目

黒い衣装に白いストール的なの下げててでてくる。一瞬だしほぼ暗転されてておかおあんまり見えないけど、スマートでかっこいいしってか元太くんV6の三宅くんお出迎えしてる??!?すげ!???って毎度新鮮に思う…本当すごい舞台の一員なんだな…

 

・May be

林くんのクールで無感情そうなのに内側に切なさが見える強がりなMay beと、佐久間くんの儚くて優しいMay beもどちらも好きすぎて。

いつか元太くんも、厳選された2人だけのダンサーっていうポジションに選ばれてほしい…というかあれです…May be踊る元太くんください…(贅沢)

 

・四剣士

*上手側で殺陣

*後半舞台後方に板を持ってくる。下手2番目の板を持ってる人のひとり。

スピード感のある殺陣のシーン。めまぐるしく舞台セットも動くし、たくさんの人間が一度に舞台に上がって高度な殺陣が繰り広げられて、すごく見応えのあるシーン。

白い袴で板を運んでるんだけど、まぁちったいとてとてしたまるもちたんが真剣な表情で板持って小走りしてるのがただただかわいいんじゃぁぁぁぁぁってなります(やっぱり)

 

 

・雪女

林くんの一人三役芝居。映像と音響に手加減なしすぎるので、耳をふさぎながら双眼鏡で林くんのおかおだけ見てると吉。

1階の通路にいっぱい出てくる雪女も多分Jr.がやってるんだけど、誰か早くどれが元太くんか教えてくれ(他力)

 

・MASK

*下手登場3人目→健くんの椅子の後ろ→羽根広げる→椅子左前→椅子の前通って上手移動→踊る→倒れる→椅子の後ろ縦一列→椅子の右後ろでマスク外す

発見難易度高いけど、ダンスし始めたら踊り方で一瞬で元太くんがどれか分かります。

パイレーツっぽいぼろぼろの衣装に洋風のマスカレードっぽい仮面つけて踊ってるんだけど、健くんが世界的なダンサーさん呼んで振り付けてもらったダンスらしく、確かにジャニーズしてコンサートしてる時では絶対見れないだろうゴリッゴリのダンスしてて、舞台Jr.のありがたみと、MASK選抜に入れてくれたありがたみと、元太くんのおかお(仮面から半分見えてる)のかわいさへのありがたみでひたすら合掌するしかない。世界レベルの元太くんかっくいい〜〜〜〜〜〜〜><

 

・変面

下手側にルドルフ皇太子(ではない)が出てきてオペラ披露してるんだけど、まじでルドルフ。

 

・腹筋太鼓

*下手奥

これを!!!これをみに!!!!今日!!!!!わたしは!!!!!ここにきました!!!!!!!(死ぬ準備)

滝沢一座の男臭さ満点の名物シーン。

まだ太鼓叩く前だけど「はっ!」「そいやっ!」って掛け声するたび、上半身に力が入って、胸筋の部分にむきーって筋入るのが!!!無理すぎて!!!!肩から上腕三頭筋にかけての!!!!!たくましさが!!!!!はい!!ここで一度力尽きる!!!!!

一息ついたと思ったら、ついに腹筋太鼓のあの低い和太鼓みんなガラガラ用意し始めて、早くもいい人生でしたありがとうございました(遺書)

 

「おりゃー!ふっ!」ドンドン

 

 

円形になった苦しそうな若い男の子たちがぐるぐると回されながら太鼓を叩く姿を双眼鏡でロックオンするわたし。

 

ただただ防振が欲しい。

 

メモに「元太くんはもっと苦しんで欲しい」って書いてあって改めて自分の気持ち悪さに引いている。そして、

 

ただただ防振が欲しい。

 

今までこんなに泥臭くて汗臭くて男臭い元太くんを見たのは始めてだったんだけど、体ひとより小さくて、筋肉もまぁお兄さんたちに比べたらごりっごりでもないにしても、険しい表情はしてるしキツそうっちゃキツそうだけど、なんだろうなんとなくあんまり苦しんでるようには見えなかったんだけど、なに案外いけちゃうもんなの?!?!逆に若さでいけちゃうもんなの!?!?!??

にしてもあばら骨と、叩いてる時の首筋、SO!

 

防振が欲しい!!!!!!

 

 

・浮世艶姿桜

*前奏部分:舞台前方中央

セグウェイ:上手から4人目

腹筋太鼓終わって、見てるこちらも疲れてふーっと一息つこうと思ったそこのあなた!!!!甘い!!!!!

間髪入れずに浮世艶姿桜のイントロが始まるんだけど、下手側から銀のシャツを羽織りながら数秒前まで腹筋太鼓してた元太くんスタンばってるからみんな注意だよ!!なんなら、着てないより服着てる方が色気あるからな???なにを言ってるんだわたしは????

鼓直後だから、体は汗ばんでて、それにシャツ一枚で少しだけ息上がってて????いけないものを見ている気しかしない!!!

ちな、元太長妻根岸前田の4人で踊ってるんだけど、これってあれかな?やっぱり若い子ってことでこのメンバーなのかな?体力的な選抜かな???ってくらい、ここのハードさ想像を絶する…裏でセグウェイ乗りながらお兄さんたち絶対バテてるじゃろ…

 

そして、滝様と健くん(健くんけがしてからは滝様だけ)の歌が始まる→幕が開く→キラキラ光るセグウェイ→わたし「突然の!?!?!?」

 

出演者一同、手をぽっけに突っ込んで横一列にデーン!って並んでセグウェイに乗ってでてくるのやばくない???さすが新たなスタートを切った滝沢歌舞伎すぎる…

舞台でくるくる回ったりあっちこっち行ったりしてるんだけど(慣れないと面白すぎる景色)、元太くん途中で上手に捌けます。多分初日は健くんがいたからその帽子を受け取る係をやってた?んだと。

一回捌けてから、再度セグウェイなしで全員でダンスするところで上手側に登場します。テンポはやい曲だからがっしがし踊ってるんだけど、本当元太くんの体幹に恋しすぎてだいすきが止まらないかっこいい〜〜〜〜〜〜〜

 

・楽屋(舞台化粧)

滝様と健くんの生化粧。滝様ぱたぱたする黒子さんの役こないかな〜って思ってたんだけど、目黒だった、残念!

 

・Seasons(ジェシー・京本・増田・林)

この歌すき!!!衣装もかわいい!!!!林くんの歌声あんな長くしっかり聴いたの初めてだったんだけど、本当になんでもできるんですね林くんて…おかおがすきな上におかおがすきだ!!!!!!(結局顔ファン

 

・口上

*下手

口上前説の東西声に基元太!とざい、とーざーいーーーーー!!!

紺色に白いドット?の柄のお着物に深緑の袴で下手からとてとてと登場して、おててをぴーんて伸ばしてお腹に添えて。基くんと息を合わせてる姿…いとらうたし…

基元太「「とざい、とーざーいーーーーーー!!!」」

元「高いところからではございますが、一言ご挨拶申し上げますっ」

基「まずは、この度演じまする、11年目を迎えた滝沢歌舞伎に」

元「かくも賑々しく、皆様方にご観劇いただきますことを、座長に成り代わりまして、あつくあつく」

基元太「「御礼申し上げまするーーーー(お辞儀)」」

基「この演目、三部から成り立っております」

元「滝沢座長が考えた創作歌舞伎、最後までごゆっくりとお楽しみください」

基「まずは、口上にての幕開けにございます」

基元太「「とざい、とーざーいーーーーーーー!!!」」

 

わたし「かわいい!かーわーいーーーいーーーーーー!!!!!!」

 

元太くんの滑舌がめちゃくちゃ良いっていう、嘘のような本当の話。

間の取り方とか、すごく上手で客席を見渡しながらお口大きく開けて、きりっとした優しいおかおでおしゃべりしてるのたまらんすぎる…

この前隣に座っていた滝様担のマダムが基元太みながら「あら、かわいい」って声漏らしてて思わず小さくガッツポーズした…

口上もいいけど、しっかり2人だけのあの見せ場で東西声の子っていろんな人に覚えてもらえたらいいなぁ。

 

そういえば、佐久間くんの口上「桜(さく)舞(ま)う、朧に今宵咲き乱れ、偉大(だい)な背中助(すけ)太刀いたす!」

ってすっごくおしゃれでかっこよくてだいすきなんだけど、元太くんの名前でもこんな感じの作れないかな〜って最近よく考えてる…

 

 

・第1章:祭り

*花道先頭→舞台上最上手

手ぬぐいで前髪きゅっとあげて、えんじ色のはっぴ着て、白い手ぬぐいを、ぴろっ!よいしょ!はいさ!くるくる!ってしながら(どんな)、近くの増田様や阿部ちゃんとアイコンタクトしたり、とてとてってリズムにのって可愛らしくステップ踏んだり、ひたすら可愛らしい…

あらよっと!って感じで花道捌けていくの「こけないでね〜〜〜><」ってなるからひたすらに愛しいお祭り男げんちゃん。

 

・第2章:男女の舞

我らが座長滝様の女形。げんちゃんがDVDをみて感動したと噂のやつや!!!って思ってみてたんだけど、本当に綺麗で所作から姿勢から何から何まで美女だった…タッキーさんはすごいねぇげんちゃん…

 

・第3章:蝶の舞

*下手登場→上手前から3人目→ぐるぐる回って→真ん中の方→上手

滝軍:黒蝶

三宅軍:白蝶

元太くんは白蝶で白いお着物に水色のはちまき巻いて、蝶だからつねにお着物の袖をもってはたはたしてぴーんって腕のばしてとてとてしてるんだけどひたすらに姫。

めちゃくちゃにかわいい姫。

上半身動かさずに小走りしろって言われてるんだろうけど、おっきいお兄さんたちに挟まれてとてとてとて〜って姫が小走りしてるのの可憐さがやばい。

最後黒い蝶に埋もれて倒れる元太姫の最期()で一幕が閉じます。

 

 

なんなんだこの舞台さいこうか!!!!!!!!!

 

一幕はとにかくひたすらに滝沢一座のスパルタ塾で鍛え上げられたひと回りもふた回りも大きくなった元太くんにたくさん出会えて、こんなに密度の濃い、そして舞台として完成度のめちゃくちゃに高い作品に出てる元太くんというまずその概念自体がかっこよすぎて、そしてもうなんていうかすごいもん見すぎて体力消耗しまくるから幕間に桜最中アイス食べないとやってられない…

 

 

〜二幕〜

・第一場:鼠登場

*24-25通路先頭でハシゴを持った岡っ引き元太登場→舞台上上手

「御用だ!」って言いながら、鼠を捕まえるシーン。

ハシゴで鼠を取り囲んでぐるぐると回り、長妻くんとセットになってはしごで岡っ引きを支えたり。

その後腰からしゅっと十手を取り出して(スマートでかっこいい)暗闇の中鼠を探すんだけど、滝様の左腕を掴んで鼠を捕らえる立ち位置をもらっている元太くんが、滝様と手を合わせてタイミングを計って腕を持つまでのくだり、きっと稽古中に一回手で触って位置確認してからなって滝様に言われたのかな?とかそんなことばっかり考えてる。(言いたいことが伝わらない)

初日は鼠が「おいおいまてまて滝沢だよ」「なんだよ滝沢くんかよ〜」の流れが、12日から「おいおいまてまて木村拓哉だよ」「なんだよキムタクかよ〜」に変わってて、12日は滝様のアドリブだったからか、「キムタクかよ〜」って言う子と「木村くんかよ〜」って言う子がバラバラだった笑 ちなみに元太くんは「木村くんかよ〜」って言ってた。

そして、その後に「あっ!!」「「「鼠!!!」」」って岡っ引き達がなるところの「あっ!!!」は多分元太くん個人の二幕の唯一の台詞。

 

屋根の上を追いかけたり、十手を振りかざしたり、若い岡っ引き元太の動きの良さ。

みんなで「どこだ!」って各々叫ぶところでひときわかわいい声聞こえたと思ったら元太くんだし、なによりあの青い岡っ引き衣装似合う、かわいい、トータルでかわいい。

 

 

・第二場:団子屋

*上手から道具箱担いで登場

団子屋の演技は毎回全部アドリブだから、何度見ても毎回違って飽きない!

基くんに瓦版見せてもらって、鼠の真似して(?)おてて顔の前にして基くんの回り一周小走りしてぱ〜っ!って小判撒き散らす仕草してるのは毎回恒例(かわいい)

「お丸さ〜ん」って恋い焦がれるおかお(かわいい)「独り身!」って人差し指立てながら恋い焦がれるおかお(かわいい)お丸に「かわいいね〜」って首かしげるところ(かわいい)ジェシーに話しかけられてクックックって笑い堪えちゃうとこ(かわいい)あげたらキリないんですけど全部かわいいんですけど!!!!!!!!!

大工のゲンさんの一挙一動に「かわいいね〜」って思わず首かしげそうになる恋い焦がれるわたしも団子屋開こうかな。

 

 

・第五場:鼠、人を惑わす(団子屋)

*暗転の中腰掛け椅子運びながら上手登場

最近恒例になっている、きょもちゃんの肩ぽんぽんってしてほっぺにぷにってやるやつ懲りずにやってるゲンさん(かわいい)つけまつけてきたの〜なお丸さん見ながら、おててをおめめの前でぱちぱちさせて(かわいい)

 アメリカンになった次朗吉さんと外人御一行に仲良さげに「よっ!」ってやるゲンさん、早くもグローバルでアメリカ好きなとこ出ちゃってる〜〜><ジェシーと日に日に仲良くなっててゲンさんの人懐っこさ江戸時代から国境を越えすぎている。お丸のボケにずっこけるゲンさん、どて〜ってなりながらヒロミ(トイプードル)にぐしゃ〜って絡みにいって返り討ちにあうくだりも、犬よりわんこ偏差値高くてため息でる(かわいい)

♪Mouse Kidはやたらヒップホップ調で、突然のノリノリパリピゲンさんへの豹変かっこいい><からの、HEY! HEY! って掛け声入るところで、下手側の腰掛け椅子に片足かけて林くん(今回の歌舞伎で見事攻略)とわちゃわちゃしてるのかわいい林くんそこ代わって><からの最後のダンス&ポーズ(やたらブレイキン)にゲンさんかっこい〜〜><ってなるから忙しくて忙しくて(幸せな悩み)

 

・第七場:鼠、江戸を疾る

*上手側→一回上手捌け→下手

再び岡っ引き元太登場。クライマックスシーン(大量の水と共に)

十手振りかざして鼠に振りかかり、かわされて蹴飛ばされる元太くん。あぁ滝様の蹴りありがたきありがたき😭🙏

スプラッシュ始まってからは基本下手側の水たまり近くでひたすら谷村突き落とそうとしてるか、滝様に狙い撃ち放水されるか、森継と水かけあってるか…って楽しそうかよ!!!!!屋根の上のぼろうとしてがっつり水かぶって全身びっちゃびちゃにされるんだけど、おかおぬぐいながら髪の毛ばっさーかき上げて、谷村と桶から水汲みしたり重労働極まりない…

最後幕締まるぎりぎりに、林くんに盾にされてたり、逆に盾にしてたり(おい)ひたすら自由にばちゃばちゃやってて、それでいいんかい!って思ったけどかわいいから許すたのしいね!!!喜劇最高!!!!

 

 

二幕はいっぱい笑って、いっぱい演技して、かわいらしくて無邪気な元太くんがたくさん見れて、一幕からのギャップですごく贅沢な時間だし、台詞はないにしても(もしかしたら悔しかったかもしれないけど)色んな表情や動きでしっかりその場でその役をお芝居として演じきっている元太くんが見れるのはすごく新鮮だったし、そんな機会をもらえて嬉しかったです。

 

 

・カーテンコール

*下手せり上がり

WITH LOVEに滝様のナレベで出演者紹介ラインナップがあります。

元太くんは下手側で十手構えて体勢低くポーズとってるんだけど、「ジャニーズJr.」って紹介されるとき、キリッとしたお顔でさっと立ち上がって深々とゆっくりお辞儀をしていて、そのまま胸張ってまっすぐと客席の上の方を見ている姿が本当に勇ましくて。

個人の名前は呼んでもらえないにせよ、しっかり舞台の作品に立つ出演者としてこうして紹介してもらったことって今までなかったし、やっぱりたくさんいる不特定多数の中のひとりの”誰か”じゃないんだってことを実感して嬉しくて、そして誇らしくてたまらなくなりました。

もともとすごく姿勢が良くて、立ち姿が綺麗なひとだけど、体が小さい分誰よりも大きく胸を張って立つ姿はまたより一層大きくなった元太くんだったし、この舞台が元太くんにとってまた新しい自分らしさへの自信につながればいいなと心から思った瞬間でした。

 

いつか絶対に「松田元太」って名前呼んでもらおうね!!

 

 

・WITH LOVE

*下手2列目

 

純白のスーツに身を包み、水がたまり桜の花びらが浮かぶステージに立つ元太くん。

手話をする手が本当に綺麗で、手や指のひとつひとつの動きが怖いくらいに丁寧でそしてやさしくて。

真っ直ぐ前を見据えながら、歌に心を乗せて歌詞を、そして手話を噛み締めながら大切に歌う元太くんを見て、夢みてた舞台が本当に今わたしの目に現実のものとして映っている幸せに涙がとまりませんでした。

 

 

・LOVE

*下手

滝様と健くんの共作曲。まるでセクゾちゃんのシングルカップリングかと思うくらいにポップでかわいらしくて楽しい曲。

ノリノリで楽しそうに、周りのひと(特に谷村増田森継男性ダンサー)とアイコンタクトとりながら無邪気に楽しそうにはしゃいでる姿を見ると、あ、いつもの元太くんだって安心するし、やっぱりいちばん末っ子としてお兄ちゃんたちに可愛がってもらっていて、全く初めての環境、それもこれまで長い間先輩たちが築き上げてきた場所に足を踏み入れた元太くんにとってとてもあたたかいステージがそこにあるんだってことが嬉しくてたまりませんでした。

 

 

と、いうわけで、盛大なスタンディングオベーションと共に滝沢歌舞伎2016は幕を閉じるわけなのだけど。

 

 

 

 

 

「必死に食らいついている」

 

これが、歌舞伎の舞台に立つ元太くんに対していちばんに抱いた印象でした。

正直、初日の元太くんには1ミリも余裕が見えなくて、自分がやるべきことや、この舞台で求められることにとにかく必死だったように感じられました。

 

それだけ高いレベルのものを求められていたと思うし、ただ踊っているだけではゆるされない、そのくらいの無我夢中さが伝わってきました。

 

出演しているメンバーから言ったら、滝様健くん林くんを除けば一つ前のJWと全く変わらないのに、そこに流れる空気感や出演者としてのJr.の存在感は当たり前に全然別物で。

誰でもが出られるわけじゃない、踊れれば出られるわけじゃない。

しっかりそこには求められるものがあって、それに応えるための実力を試されていて。

 

これまで、どんなステージに立つ元太くんを見ても、全力なのはもちろんなんだけど、どちらかというとそれは置いて行かれないようにする必死さとは別物で。アイドルとしてステージで歌い、踊ることはきっと元太くん本人にとって極めるべきものであったし、常に発展途上なのは当たり前のこととしても、”難しいこと”ではなかったように今までは見えていて。そつなくと言ったらあれだけど、割とどんなこともすんなりとやってのけていたようなイメージが私にはあったし、そんな元太くんが好きだったし。

 

でも今回は、何においても一番下という立場から入った現場だと思うし、これまでと同じようには済まされなかったんだろうなというのも伝わってきたし、ずっと感じてきた「人よりちょっと出来る」っていうのがなかったんじゃないかな…って思いました。

 

とにかく、周りに置いて行かれないように、足を引っ張らないように、そんな必死さがすごく強かったように思いました。

 

 

なんども言うけど、本当にそこにいることが信じられないくらい、滝沢歌舞伎っていう舞台は私の中で夢のまた夢のような場所で。

その夢のような場所で元太くんが生み出した一瞬一瞬はまさに『煌めいた奇跡たち』でした。

 

そんな奇跡たちが全部全部一瞬残らず、元太くんの糧となり自信となり、そして次なる大きな夢へつながる架け橋になりますように。

 

 

 

鼓動を響かせ 震える想いは

新しい 時をまた 刻んでいく

 

 

 

煌めきがもっと大きな華となり咲き乱れる春に。

 

よ〜いやさぁ!!!!

 

 

 

 

ジャニーズやたらダンス上手い子いるなと思ったら元太くんなんすよワールド2015

Johnnys World 2015-16 開幕して一週間が経ち、連日たくさんの素敵な言葉で彩られる「げんげんがすごい」ついーとに涙する日々が楽しくて仕方ありません。

興奮冷めやらぬ初日(ほぼ記憶なし)からようやく2回目の観劇を終えて一通りゆっくりと振り返ることができそうなので、2015年最後の元太くんの素晴らしすぎるステージについて定点観測記録と共に今年のJWをまとめておきたいと思います。

 

 ●:元太くん出演シーン ○:元太くん登場なし

 

●OP

舞台上段奥中央→中央下手寄り

今年はPut on~♪から始まらないし仰々しくて重たいOPで若干の納得のいかなさは否めないけど、重厚感があるからこそコンサートでは見られない鋭い目つきがいきなり見られてこれこそ舞台!かっこいい最高!

マントを纏って立っている姿からバッと脱いで黄色い丈短めのジャケット姿。長妻くんセンターの隣下手側1人目が元太くんです。

毎年恒例勝利がフライングの途中で事故に遭う場面、着地した勝利のフライング器具を外すフッキングJr.を任されている元太くんが見れるのは最大のポイント!お仕事を終えた後、内Pの「やめるな!ショーを続けろ!」という罵倒に対して真剣な眼差しと怪訝そうな表情でカンパニーのダンサーゲンタを演じているところも素敵です。(すぐに暗転されるので一瞬しか表情見れないォコ)


1/12追記:今日観劇したら、フッキングして背中ぽんぽんした元太くんに対して勝利が頷きながら「ありがとう」的な仕草をしてて(前なかったよね?)、確かにこの場面は舞台の中の舞台だから普段は見えちゃいけないはずの補助の役割がそのものとしてそこで中断されたステージを再現するにはリアリティがあるなぁとすら思った。果たしてそこまでの意味があるかは分からないけど(笑)

 

○バンド×Funcussion

 

○♪HiHiJet

Johnnys HiHi World記念すべき1回目のHHJ(バラードver.)

 

○♪Keep on your Stage

『1分1秒も飽きさせない、それがジャニーズワールド!』で今年もきた〜〜〜!ってなるやつ

 

●♪ダッタン人の踊り×第九

下手→上手→下手

A.B.C-Z登場

えびのバックで水色の衣装で登場します。トニトニの時もダッタン人にいたな〜〜とか考えてたんだけど、今年はがっつり踊ってるし、最後衣装回収して捌けていったりと、仕事人元太してるのがたまらない!

毎年えびの登場時のダンスは手の動きとかが特徴的だったり、ジャニーズの曲を踊るときとは違ったテイストの振りが見られるから好きなんだけど、下手上手と横移動が多い中でその移動のステップですら足の上げ方や踏み方が人一倍力強くて軽やかに重心を落としていたり、曲調にぴったりに踊る元太くんがすごくすき。

 

●ノイナ

後半上手階段

今年もイントロなしで「1,2,3物足りない〜♪」のアカペラ歌いだしからぬるっと始まるノイナ。前の曲からの流れで始まるので、元太くんは舞台上で両手広げてひざまづいたポーズのまま停止してるんだけど、「5,6,7上げたりない〜♪」で明転した時にかっこよくポーズキメてサッと郁人の衣装を回収して捌けていきます。

ノイナは後半から参戦。上手階段で踊ってるのだけど、今年はJr.も少ないせいかなんとなくステージの上がスカスカして見えるし、隣の人との距離も離れてるからアイコンして踊る元太くん見れなくて寂しさもあるけど、4年目のノイナなのにひとつひとつの動きは相変わらずバッ!バッ!ってとってもメリハリ良くマンネリ化せずに踊っててさすがだなぁと。


 12月は慎太郎とのアイコンが恒例行事だったけど、1月に入ってからは隣のりんねや後ろの方にいる森継だったり近くにいるちびっこだったり、今年もやっぱりみんなと楽しいを共有しながらフリータイムを踊っているのでそれだけはずっと変えないで欲しい><そしてクラップの時の腰の入れ方がかっこいい。


○健人4Dフライング

 

○♪1年は12ヶ月〜

えび(時の旅人)が内Pに暦の旅をおすすめして、地獄の旅が始まるな…みたいな雰囲気になって、それに対して健人と勝利が「は?暦の旅?意味わかんねぇ!」ってキレて1月が始まるというなかなか斬新な展開で、13ヶ月目探すのどこいったんやてなるハイパートンチキJWのはじまりはじまり。

 

●1月:New Day

中央マンション105号室

曲変わってるし水太鼓じゃないし1月でもなんでもない1月は、巨大マンションでJr.が謎の球体を手で操ってる演出になってます三味線もってこい三味線を。

なんとも言えない無表情で神秘的な表情(?)で球体をハンドパワーで操ってるんだけど、たまに少しだけ口を開いてたりしてわざとなのか集中してなのか分からないけど本当に特殊能力使ってるかのような臨場感を醸し出す天才メンタリストGENTAが見れるポイント。

最後球体を両手でつかんで上にするポーズがあるんだけど、誰よりも腕をピンと伸ばして自分の球体のさらに向こう側を見つめてる姿が、わたしの大好きな指先を追いかける元太くんらしくて好きです。

 

○2月

雅じゃないし変面じゃないし衣装ビリビリってやんないし2月でもなんでもない2月。

えびの衣装に映像が映し出されてて現代的。もちろん2月でもなんでもない2月なのでみんなが大好きな上半身裸の中高生Jr.のマンションダンスもありません無念。

ここで例年水太鼓に使ってた太鼓に水を入れないで叩く冒涜に出るハイパートンチキジャニワ。

 

●3月:桜咲くcolor

上手登場→ソロダンス→下手捌け→下手登場→上手捌け

健人のシルクフライングから始まる3月

上手から吊られながら登場する健人が持つ白い布の裾を持ちながら元太くんが登場します。

その後桜咲くcolorのカラオケver.に合わせてソロダンス。これがとっても綺麗でしなやかで美しくて。舞台の後方に巨大な薄ピンク色の布が用意されて、その布の前方真ん中付近に膝まづく元太くんを頂点に布が折りたたまれて、おおきな三角形が出来上がる演出がめちゃくちゃ芸術的だし、帝劇の0番に立つ松田元太(16)がこの舞台を代表するスターダンサーだと堂々と胸を張れる。自信に満ち溢れた姿がとっても頼もしくて本来12月で決壊予定のところを3月で個人的に決壊しちゃったせいで暦の旅(完)。

ああいうダンスってなんて言うんだろうか…初演でWMHBを踊る知念ちゃんに重なるところがあるというか。バレエみたいに手足が指先まで柔らかくピンと伸びていて、タンっと飛び上がって片膝ついて着地するみたいなやつとか、両手を祈るように胸の前で握りしめて抱きかかえるようにしたり…ダンスが本っ当に上手な人しか踊れないようなやつ…踊ってるというより舞ってる。

一度捌けてから再度、曲の中盤でピンク色の布を持ってくるくる回りながら舞台上を通過する桜の妖精さん役で再度登場するのだけど、明らかにターンのキレが他の人と違いすぎて桜の妖精界でもスター勝ち取ってるハンパない…

とにかく3月は今まで見たどんな元太くんよりも大きくそして頼もしく力強く見えました。気持ちがはち切れそうで苦しくなるほどの元太くんの3月にチケット代を全額捧げる時間でした。

 

1/5追記:1月公演からソロダンスの時に白シャツ白ベスト(1月の時の衣装のまま)から白シャツ前開きに白タンクに衣装の着方を変えていて。ますますWMHBのちねちゃんを彷彿とさせるほど、シャツが踊るたびにひらりと舞って余計に綺麗さが増してる天才。。桜の妖精さん役で再登場する時は、再び白シャツ白ベストに戻っているから、わざわざソロダンスの魅せ方を追求するためだけにそのシーンだけ着方を変えてきたと思うと、その貪欲さに惚れ直して涙、そして涙(泣きっぱなし)


○4月:タイタニック

去年からやたらと尺長くて話が重たくなったタイタニック

今年も廉皇輝兄弟(下流階級)と、スターダンサー五関のSMGO、乗組員/乗客すのーまんの悲劇が描かれます。

去年とすのーまんの役柄が変わっていたのが個人的に気になったのでまとめておきます。

岩本:事故の原因を船長に問いただす上流階級乗客→NYで待つ幼い子供達のためにこんなところで死んでたまるかと航海士を責める上流階級乗客

深澤:妹がテーブルの下敷きになって医者を探す乗客→規則に捉われる乗組員

阿部:事故の原因を船長に問いただすインテリ乗組員→監視を怠った航海士、責任を感じて自殺を図ろうとする

渡辺:救命ボートが足りてないんだよ!→救命ボートが足りてません!(船長に敬語使うようになってた)

宮舘:タイタニック号の船長。乗組員にも乗客にもめちゃくちゃ責められる→航海士が責められるおかげであんまり怒られなくなる

佐久間:地下にいる仲間が出られないんだ!→地下にいる仲間が出られないんだ!

医者を呼んでた深澤くんが医者を呼んでくださいって廉くんに泣きつかれるようになってるし、そしたら岩本くんが「私がなんとかする」ってお前は何者なんやってなるし、阿部ちゃんはヒステリックを起こして倒れてるし悲劇が交差して複雑化しててもうしんどい。

年々重たくなってるから来年になったら氷山ぶつからなくても沈みそう。

 

●5月:ヒンデンブルク号

下手マンション

塚田くん演じる記者のカメラマン役で元太くん下手マンションに登場。

カメラを構えて、塚田くんの取材にうんうんって頷いたり、腰を落として撮影したりと台詞がないところでもしっかり演技が入っていてジャニーズJr.の松田元太じゃなく歴史の中の一員になってるなぁと感じられて、元太くんが何度もやりたいやりたいと口にしていた大好きな演技の機会ももらっていてとても嬉しくなりました。そして爆発が起こって「大変なことになったぞ!」と台詞も。悲劇を映像に収めることを止めようとせず、爆発音や煙に顔を背けたり咳き込んだり、途中からどんどん息が荒くなったり、しっかりそこで本当にヒンデンブルク号が炎上してることを表現していますアカデミー助演男優賞受賞おめでとうございます。


1/15追記:1/5に観劇した時まで、「大変なことになったぞ!」の台詞は声を荒げるような言い方(ちょっと声かすれ気味になりつつあって喉が心配)だったけど、1/12の時は少し声を低くして、でも比較的焦りが感じられたけど、1/15は完全に声が漏れてしまったような「大変なことになったぞ…」というニュアンスに変わっていて。台詞の言い方だけでなく、カメラのレンズを覗いたり覗かなかったり、息が上がってる日があったり息をするのを忘れてしまっている日があったり。初日は被っている帽子を投げ捨てるように取っていたけれど、帽子をぐしゃっと掴むように頭を抱えてゆっっくり脱いでみたり。毎回見る度に演技のテイストを変えていて本当に見応えがあるので何度見ても飽きない!(から何度でも見たい)

 

○6月:June Bride

すののアクロバティックウェディング(絶対に笑ってはいけない)


●7月〜8月:第二次世界大戦

上手登場→下手から二列目→上手奥→下手奥→下手捌け→下手登場→上手奥→中央


1月公演から空襲,特攻隊,硫黄島のシーンが追加。

・空襲:東京大空襲下逃げ惑う京本、戸塚耀生兄弟(戸塚瓦礫の下敷きで命を落とす)  久々よせたんのお兄ちゃん!が聞けて嬉しさとともに悲惨すぎる演出がしんどい

・神風特攻隊:橋本(弟皇輝)、高地、樹

・硫黄島:日本兵塚田、アメリカ兵ジェシー北斗慎太郎


今年は日本国内の戦争のこと、学徒出陣、贅沢は敵だ!と日本兵を鼓舞してる。元太くんは日本兵として行進しながら出てきます。白ハチマキに軍服姿。

Kingとすとんずが地球儀を抱えてる(絶対に笑ってはいけない)。服の中から白い幽霊みたいなのがにょき〜って出てくる(絶対に笑ってはいけない)。絶対に笑ってはいけない。

※空襲等のシーンが追加されてからは地球儀を抱えるのはすのーまんに。

 

1/12追記:最後にれあげんで目黒をフルボッコにするシーンが追加。ボッコボッコ殴りに殴って、跪く目黒の胸ぐらを掴んで上から見下ろす冷酷元太(見所すぎる)。殴ってても頭が全然動かなくって本当に殴り上手(語弊)でめちゃくちゃ怖いし尚且つスタイリッシュでやばい。



●オリンピック

Jr.の特技紹介コーナー(ガムシャラを幅広く踏襲)

・♪HiHiJet(ロックver.):ローラー

・タップダンス ちびJr.

・フリースタイルダンス

下手奥登場→下手前列

林蓮音くんとペアで元太くんブレイクとアクロバット。初日は蓮音くん持ち上げてぐわんって回す技も。2人でシンクロしてバック転。

・すとんずダブルダッチ

・すのフリースタイルバスケ

・すのすとコラボ→12人でタップダンク

・♪情熱colors(?):King×HiHiバトン

 

♪未来の祭典

やっときた疲れた今年はレッツゴートゥザットニットニ!するまでが長すぎる

 

●11月:龍王

上手

紫耀くんのフライングのバックでステージの前列にJr.が一列に並んでがっつり踊るシーン。

出演時間的には短いんだけど地味にここの元太くんダンスがすごく好きで!曲調もロックでギターキュイーンな感じ(どんな)でアップテンポなんだけど、重ために踊ってるのにカウントしっかり取れてて激しいのに落ち着いて見えるし、何よりあんながっつり踊ってるのに表情が超余裕そうでたまらん震える。

 

●12月:殺陣

上手奥スタンバイ→上手捌け→上手マンション(紫耀に斬られる)→上手奥スタンバイ(勝利に斬りかかり返討ちに)→上手捌け→上手登場(前田元太→森継に斬られる)→上手捌け)→上手登場(海人と刀を交えながら)→中央奥(ハンガーの下で刀振り回す)→上手捌け(紫耀→廉と二段斬りされ散る)

紫耀を助けるために廉が止めるのを振り払ってまでも龍に食べられちゃったかいちゃんが人質にとられるんだけど(トンチキ)、龍王側の健人軍の武士として若く美しき武士元太見参!!!

まさかこんなに早くJWで殺陣をやる元太くんが見れるなんて思わなくて超絶歓喜(号泣)

登場した時の立ち姿はそれはそれは精悍で、勝利軍(めっちゃ強そう)を真っ直ぐ見下ろしながら刀を携えてるのだけど、オラオラしてるというよりは戦いへの覚悟を決めてスッと立っててまじで清い。

そういえば、龍王はそもそも暖冬で異常気象になっちゃったから怒ったはずだったのに、殺陣の舞台はめちゃくちゃ吹雪いてる極寒の冬だったりする。

若き武士元太は基本的に斬り込み隊長で誰よりも先に斬りかかりに行くんだけど、殺られ役だから斬られては生き返り斬られては生き返り。元太くん不死身なの?かっこいいね。・°°・(>_<)・°°・。ってなる(ならない)。上手のマンションで紫耀くんにブスーッて盛大に刺される元太くん的見せ場?は、刺された時の表情が物凄くってびっくりするので、これから観劇される方もぜひ上手マンションのお顔がよく見えるお席でご観劇ください。

しょおれんかいがおっきなハンガーにぶら下がって上から刀振り回してくるズルいところがあるんだけど、ぶらんぶらん揺れてる3人に向かって滅茶苦茶に刀を振り回してどうしようもなくなってる元太くんジタバタしてて可愛いとか思って見てたけど、冷静にあのハンガーずるくない???いくらKingだからって正々堂々と面と向かって戦わないのはずるくない???(ジタバタ)

結局通算4,5回バッサバッサと斬られて若く美しき武士元太往年16にして儚く散る無念(完)

ちなみに絶対に笑ってはいけない12月はどれだけ自担武士の人物背景に(勝手に)感情移入出来るかが勝負みたいなとこある。


1/15追記:殺陣序盤、階段の上に駆け上がり上から飛んで斬りかかっていくところ、刀を構えて一瞬ニヤリと狂気染みた表情をするのが無理すぎて。

ハンガーにぶら下がるKingに向かって何度もなんども「うぉりゃあああ」「ころすぞぉおおおお」と声を荒げて叫んでいる姿や、腰を落として衣装の裾をキュッと持ち上げて刀を構えている姿もすごく様になっていて。殺気立った武士元太どんどん強そうになっていく…


 

というわけで、ここで1幕の元太くんの出番は終わり。天に昇る元太くんの魂に想い馳せながら演歌()を聴くお時間です。ちなみに殺人鬼と化した健人の餌食になる慎ちゃんが名役者すぎてめちゃくちゃかっこいいし、刀も持たず無防備で逃げようとしたところを無惨に斬り殺される樹ちゃんも超弱々しくて(褒めてる)すき。

 

〜2幕〜

○OP

月を見てる少年に話しかける内P

宇宙に行ってみたい!行けるさ!みたいな流れになって、既に宇宙にいると思ってたのに今ここはどこの設定なのか混乱するジャニーズトンチキワールド2幕スタート。

●♪HiHiJet(Moon ver.)

中央マンション(動きます)上手側2階中央

歌詞がレッツゴームーンみたいになってて、ジャニワって月に行く話だったんかーいってずっこける。絶対的にこれじゃない感。WMHBを歌う用の輪っかに橋本涼ちゃんが乗って本日3回目のHHJが始まります。

途中から曲がアップテンポになってくるんだけど元太くんは中央マンションの2階で小っちゃいシンバル叩いてます月に来てまでもかわいい。

 

●ジャニーズメドレー

舞台の両端にある縦長のLEDパネルに1人ずつJr.の名前と顔が映し出されて、今この曲にいるのはこの子たちですよ名前と顔をぜひ覚えていってくださいと言わんばかりの主張感。

なんかジャグリングしたりスケボーしたりここでも特技披露会が開催される。

・♪MFTP

ちび

・♪UMP

天才genius

バックの紫組が推せるさわやかかわいい

・♪Everybody go

Classmate J

ジャグリングと中国ゴマとスケボー

・♪夢物語

長妻めぐつぐ前田根岸谷村舜映林兄海宝とか

・♪UMPもどき

J!ジャニーズ!W!ワールドー!ジャニーズワールドー!っていう謎の替え歌と共に、チーム武がやってる4人で飛んでくる子達を受け止めてグルンて回してってやつを次々にやっていく。真ん中のチームに元太くん。初日はピンクの上着を着てた記憶があるのだけど、この前はオレンジのタンクトップ着てて1人だけやたらとモリモリしてるたくましい。紫耀くんが飛んでくるのを受け止める時、飛んでくる前からみんななんかニヤニヤしてて明らかに重たそうに受け止めてるの毎度地味に面白くなっちゃってるので紫耀くんはダイエットしてください。

最後、林蓮音くんを塚ちゃんがやるみたいに高く飛ばす技(伝われ)の馬を元太くんとふみとがやってて、ついに元太くんが完全なるアクロバット要員になっているのをムキムキの筋肉と共に見せ付けられます涙。

 

♪We wish you a merry christmas

※クリスマス終わってからは♪はつうた に変更

どうやら宇宙のルールだと20時を過ぎると中学生は地球に帰らないといけないらしく、すのーまんのお兄さん達がこの曲で中学生Jr.をお見送りしてくれる。客席に拍手を贈られる非常に良心的な20時対応。

 

●まだ見ぬ景色

可動ステージ下中央上手寄り→上手→上手奥→上手階段上→上手寄り中央→上手階段移動

元太くんのダンスがすごすぎて「やばい」しか言えない。サビのダンスが上上下下ってやる方の振り付けじゃなくてもっと動きが複雑な方の振り付けなんだけど、とにかくキレが良すぎて目立ちまくってるの「やばい」。とにかく体の軸移動どうやったらそんな綺麗に行くのか甚だ疑問すぎるし、気合の入り方が尋常じゃないし運が良いと髪の毛までかきあげてくれるの目眩する「やばい」。完全にモード入っててとにかく「やばい」。

曲の後半で上手側の階段のセットを移動して、その上に上がってポーズ決めるところもお色気出血大サービスしてくれるし「やばい」。語彙力が松倉くんになるしかないからまじでリアルにちょー「やばい」。やばい。

 

 

●闇を突き抜けて

舞台奥中央

まだ見ぬ景色で骨抜きにされたばっかりなのに、立て続けに元太くんが闇を突き抜けてくるから限界を越える疲れる。バックの緑衣装のメンバーの0番で最初から最後まで踊ってるんだけど、途中緑チームがごっそり半分くらい捌けて5人だけになるところがあって、4人を従えて堂々と踊るところは気迫と頼もしさで闇っていうか帝劇突き抜けそう。

前半は歌ってないんだけど、大サビ以降はずっとお口を大きくあけてがっつり歌っていて、踊りまくって髪の毛もちょっと乱れてて、すごく人間臭くって男らしい。ここの元太くんはかっこいいってより何より「良い男」。お!と!こ〜!お!と!こ〜!お!と!こ〜!わんえんつーえんすりーへいっ!(崩壊)

とてもじゃないけど舞台上で最年少だとは思えないエネルギーと力強さに溢れたとっても素敵なダンサーです。

 

A.B.C-Z〜Grate5

 

●時計をとめて〜ツキノミチ〜THE DREAM BOYS

下手登場→中央寄り下手

Kingのバックで踊る元太くんずっと曲の歌詞をしっかり口ずさんでいてダンスだけじゃなくてひとつひとつを丁寧にやりきっている感じがするのがとても好き。どの場面でも100で臨んでるのが痛いほど伝わってくる。この三曲どれもとっても好きな曲だからダンスももちろんだけど、歌ってくれてるのがすごく嬉しい( ;  ; )

ちなみに、♪時計をとめてでバックJr.が丸い時計を表してるフォーメーションで、2〜3時を担当してる元太くんがメンバーの中で抜群に背が低いおかげで2〜3時のところで時計が縦長になってるの愛おしさしかないです。

 

●Real Face

下手登場→下手捌け

すとんずのリエフェの後半下手側に登場して最後のサビ踊るんだけど、間奏のところフリーダンスで自由に踊ってる(気がする)ところが超好き。きょもちゃんが破壊したブロックの破片を回収するためにきっと出てきてるんだけど、とにかくこうゆうちょっとした補助的な出番にことごとくJr.担の血が騒ぐ…

 

COSMIC RESCUE

すのファンカッション。

今年の者ちゃんがやってたスティックスローもやってるんだけど、やっぱりあの距離でスティック投げて取れるのはあむげんちゃんだけだよね〜〜。・°°・(>_<)・°°・。ってやってるとあっという間に曲終わってる。


この曲終わりに、太鼓を持って黄色い衣装で元太くんが登場(舞台奥中央)するのだけど、いつもぴょんぴょんお尻ふりふりして、みんなとアイコンしたり楽しそう!ノリノリで若干険しめの表情してたりするんだけど可愛すぎるげんちゃん(16)

 

○Family

いや、きょもじぇしファミリーえび座初演かよ。・°°・(>_<)・°°・。ってやってるとあっという間に曲終わってる。

 

ブラックホール〜Forever L

中央マンション最上階303号室(12/24観劇時: 引っ越してて今は103号室)※仮面着けてるブラックホールのシーンからずっと103号室にいます。

やっぱりわたしはこのくらいのテンポの曲を踊る元太くんがたまらなく好きで好きで好きでまさにフォーエバーラブすぎる(?)し、この曲も歌詞完璧に頭に入っててしっかり口ずさんでるんだけど、「終わりのない世界へ君を連れて行くよ」って言う元太くん16歳高校1年生とんでもないからフォーリンラブすぎる(?)。

 

●内PのShow Time(少年隊メドレー)

下手前列登場→下手捌け

・♪まいったね今夜

下手奥

バックの下手側で黒ベストで踊る元太くんロイヤル(すき)

元太くんが全然いやらしくなく腰を回すところで何かが弾ける。

なんていうか簡単にいえば

大胆に踊る姿憎いくらい悩ましくて心奪われてTonightだから!もう本当に!まいったね今夜は!!!!てことです。

・♪What's your name

・♪ストライプブルー

・♪封印LOVE

上手奥→上手捌け

夢の中に刻む名前は君しかいないからね〜!と口ずさむ元太くんに「その言葉まるっとそのままお返しするよ!!!!」と心の中で愛を叫ぶのはお約束

・♪HEAVEN

上手→下手移動

おいでよヘブン!で慎太郎の後ろにわらわらっと出てくる中の1人が元太くんです。バッと手を広げてポーズする姿華やかでかっこいい!

・♪babybabybaby

下手奥

表情も明るくてやっぱりこういう華やかな曲が最高に似合うひとだすきだ〜〜〜ってなるし、やっぱりちゃんとこの曲も口ずさんでて、コンサートではなくてShowに出てる元太くんをもっともっとたくさん見たいな〜て思わせてくれる曲。

少年隊メドレーはどの曲もとっても表情が素敵。まいったね今夜は誘うような目をしていたり、babybabybabyは曲の軽快さに合わせて口ずさむ表情だったりまっすぐ前を見て楽しそうに踊る姿だったり。きらびやかなステージの上にとっても映えるなぁとすごく感じます。

 

Milky Way

カイちゃんのソロダンス見てると今年WMHBをやらなかったのは本当に勿体無いって思うから絶対にいつかカイちゃんはソロでWMHBを踊ってください。よければ元太くんと一緒に。


1/12追記:日に日にかいちゃんの苦しさが増していって、今にも壊れそうな姿がとにかくとっても綺麗…自信ないけど、少しダンスのテイストが変わった感じがして、とにかく張り裂けて消えてしまいそうな孤独すら感じられてすごく素敵。ずっと見ていたい。

 

○LGTE

あ、もう帰るんだって思ったらみんな衣装がテカテカのカラフルで、いや、そんなんで地球に帰れると思うなよ💢💢(意訳:元太くんにもLGTEを躍らせろください)てか、振り付け新しくなってて全然一緒に踊れない💢💢

 

●HiHiJET

上手登場→下手→舞台中央→舞台上段で地球補助→中央上手寄り

HiHiJETを歌うHiHiJETではない出演者達。

HHJ披露した少年見ないままJW初日入ったのにEDまでに完璧に曲覚えたどんだけ歌わせるんだ好きだけど。

元太くんはステージ上で膨らむ巨大な風船の地球を膨らます補助係で長妻くんとJETなDOするLIFEなう(HHJ洗脳)風船が膨らんでいくのを、背中で支えながら地球背負ってる元太くんまじ『壮大かっこいい』っていう新ジャンル切り開いてる!ノリノリで口ずさむ姿も最後の最後まで健在ですきがJETなDOしちゃうから困る!!!!

 

 

と、いうわけで『ジャニーズやたらダンス上手い子いるなと思ったら元太くんなんすよワールド2015』がこれにて幕を閉じるわけなのだけど、本当その名の通りびっくりするくらいバーっと全体を見てても一際目を引く存在でとにかくそうやって大量にある出番の大きい小さい長い短いに関わらず、ステージの上に立つと100%、200%いやもっと。

今回の元太くんを見ての1番の印象がやっぱり『気迫』に尽きました。

 

初めてがたくさん詰まっている今回のジャニーズワールド。立ち回りをもらった殺陣、初めての舞台での台詞、ソロダンス、今まで以上にバックのJr.として責任の大きい仕事を任される場面もすごく多くなりました。

言い方を変えれば、いわゆるJr.としての立ち位置は前よりも悪くなったっていうのかもしれないけど、誰にでもできることじゃないことをたくさんやらせてもらえるということは間違いなく、たくさんいるJr.の中の一人としてではなく松田元太という個人としてそこに立っていることの証だと思いました。

JWが始まる前の雑誌で元太くんが話していた”何か自分の武器を見つけよう”っていう言葉は、松倉くんのSHOCKを見て、他にはないその人だけのポジションっていうものに対する強い想いだったんだなっていうのがすごく感じられて、そのために自分から動いてみて、そうした元太くんの前向きでエネルギーと覚悟から生まれた素敵な想いが、今こうしてジャニーズワールドの舞台でたくさんの人に感銘を与えているんじゃないかなと思います。

何気なく流れてくる「ダンス上手いなって思ったらげんげんだった」「げんげん見ちゃった」っていうツイート。それってとんでもないことだなと日々思います。

大勢のJr.が名札もつけず同じ舞台で同じダンスを踊ってる中からパッと抜きん出て心に残る存在になる、そうやって自分を取り巻く環境や状況に左右されない、自分の努力と生身の体を使って人を惹きつけられるひとは絶対に誰にも何にも負けないし、松田元太くんというアイドルそのものが他と戦える最大の武器になってるなと今回のジャニーズワールドを見て強く感じました。

そうやってどんどん進化してとどまるところを知らない元太くんをもっともっと見たい!見逃したくない!!

 

大好きなひとの大好きな舞台、そしてそんな大好きがひとつまたひとつとたくさんの心を奪って無限に広がっていく素敵すぎるこの舞台期間が永遠に続けばいいのに…

 

最後までもっともっと輝きを増して、もっともっとびっくりさせて欲しい!

無事に、そして全力で残りの公演も駆け抜けられますように。

 

 

 

 

物語は終わらない

2014.5.3〜2015.10.21

 

それは始まった瞬間から覚悟していたことだけど、やっぱりその日を迎えると寂しくて

たくさんの素敵な夢を見させてもらった感謝の気持ちも込めて、世界中で一番素敵なユニットのこと、元太くんのことを書きます。

 

 

ユニットは自分にとってひとつの目標だったから、その目標がようやく叶った。 

 

Sexy松が初めて雑誌で対談をした時の、元太くんの言葉。

私には「ようやく」という言葉がとっても重みがあって、そしてとっても嬉しくて。

あ、元太くんの夢のひとつが今叶ったんだって、それは全然当たり前のことではなくてとても大きなことだったし、まさに夢のような舞台へのスタート地点は信じられないほどキラキラ輝いていて。

 

初めてのこの対談には真っ直ぐすぎる彼らの熱意があふれていて、短いけれど私の中でずっと大切にしていきたいと思える純粋で強くて勢いのある想いで埋め尽くされていました。

大好きなやりとりをそのまま抜粋したいと思います。

 

松島「オレもこの3人で組めてうれしいよ。Sexyファミリーが増えるってことだし、オレはSexy Zoneの一員としても活躍するし、まつくとゲンゲンもこれをきっかけに、どんどん活躍の場が増えればいいなって思ってるし。」

松倉「お〜ありがとう!オレらふたりは、聡にくらいつく!」

松田「そう!家系図みたいなのを書くとすると、オレらSexy松をはじめ、いろんなSexyファミリーの上をたどっていくと、トップにはSexy Zone様がいるわけですよ!その家系図をどんどん立派で重みのあるものにできるようがんばろう!」

松倉「まさしくそれ!とりあえずは、オレらは聡の背中を見て、必死に追いつきたいな・・・と」

松島「おぉ〜うれしいこと言ってくれるなぁ。じゃあオレは、少しでもみんなで成長できるよう、いつまでも背中を見せられるようダッシュしなきゃ!追い抜かれちゃダメだよね(笑)」

松倉「いやいや、オレらも追いつけるようにがんばるからね。そして追いついた日には、今度は背中をグイグイ押し合って、どんどん先に進もうぜ!」 

 

当たり前のことかもしれないけど、聡ちゃんはまず第一にSexy Zoneであるということを3人がしっかりと意識していて、デビューしているメンバーを交えてその中で自分たちはあくまでJr.という立場であるということも松松のふたりは強調していて。

聡ちゃんという同じユニットのメンバーのことを、「同じ土台の上に立つ」ではなく、そこにはしっかりと一線が設けられていて、純粋にすごいなぁって思いました。応援してる私の方ときたら、むしろその境界線が曖昧になってしまって浮かれいて。

 

そんな風に最初から、聡ちゃんはSexy Zoneにいつか必ず戻っていく。ずっとこの3人が「ユニット」として存続していくことはないという前提条件のもとに、元太くんの夢であった初めての「ユニット」が始まって。当時は”初めて”というところにばかり目がいって、ただただSexy松というユニット単体でしか見ることができなかったなぁと。

 

Sexy松はすごくすごく愛されたユニットだったし、私自身も本当に3人が大好きだったし、パフォーマンスはみるみるうちに進化していくし、お互いがお互いを刺激し合いながら、毎回毎回びっくりするほど3人がおおきくなっていくし。

ずっと続いて欲しいと思わないほうが無理でした。

 

そして元太くんの口からも、そうしてSexy松というユニットの一員として活動していくなかでいろんな成長や気持ちの変化があったという言葉が聞けたのがとにかく嬉しかった。

 

Sexy松ができて、夏に「ガムシャラSexy夏祭り」にメーンで立たせていただいて、先頭に立ってやりきる気持ちを経験できた去年。いっぱいキラキラが付いた衣装が着られたことがすっごいうれしかった!それに責任感が芽生えましたね。先輩にいろんなことを教えてもらってきて、それを後輩に伝えなきゃって感じたりしてるんです。指示を出すこととかも増えたし、仕事に”生きがい”っていうのかな、”仕事してるな”っていう感覚が強くなりました。(TVfan Next Stars Johnnys Jr. 第13弾より)

 

Sexy松としての活動は、夢を叶えただけでなく、元太くんが次のステップを踏んでいてお仕事を”生きがい”とまで表現していて。

単にかわいくてかっこよくて大好き!!!と飛び跳ねながら応援していた私とは比べものにならないくらい、元太くん自身が強い想いを持って責任や覚悟も感じていてとにかくかっこよくてたまらない言葉でした。

 

 

 

Jクリエでの聡ちゃんがさらっと口にした「今回Sexy松としてやってますけど、Sexy Zoneとして座長としてやらせてもらってて」という一言にハッとさせられるくらい、私はSexy Zone松島聡くんではなく、完全にSexy松の松島聡くんを見ていました。

それは自分ではそう認識してるっていう意識は全然なかったし、むしろそう思わないようにしようとまで思っていたのにもかかわらず、無意識のうちにわたしの聡ちゃんに対するベクトルは向こう側ではなくこちら側に向いていました。そうじゃないと思いつつも、やっぱり今目の前にあるわたしの大好きな3人のステージをどうしても否定することは出来なかったから。すごくそこの線引きが、わたしにとって難しかったです。

 

Sexy松としてデビューするなんてことは絶対にないって潜在的に自分でも思っていたのに、いざ3人を見たらこの最強の三本松がこれからもっともっとたくさんの人に知られないなんてありえない!!!!!とも思っていたりもして。

きっといつかなくなるっていう前提条件に少しだけ目を瞑りながら、その時々の理想や夢を膨らませていたんだなぁと思うし、それがとっても楽しかったしそれでいいと思っていました。今あるその状況を先のことはともかくとして、無心に楽しむことがSexy松を応援する上でのわたしにとっての最低条件であり最高条件だったような気がします。

 

 

Sexy松として活動している間も、元太くんが夢について語る機会もあったけど、そこには絶対「Sexy松」という言葉は出てこなくて。

「いつかグループを組んでデビューしたい」

公式ユニットに所属していながら、それとこれとは話が別とでも言うかのようにさっぱりと語っていて。元太くん自身は常に先のこと、つまり近いうちに必ず終わりがくるという未来を見据えていたんだなぁと感じさせられて。それは本当に当然のことで分かってはいるのに、なんでちょっとだけ切ない気持ちにならなきゃいけなかったんだろう・・・・そんなことを思ったりもしました。

 

 

元太くんの夢が叶った場所は元太くんの夢を語る場所ではない。

 

勝手にそんな複雑な想いをそこに感じてしまっていたけど、きっと本人はずっとずっと冷静にこのことを捉えていたんだなぁと感じさせられたのが、Sexy松のジャニカジの記事での元太くんの言葉でした。

 

僕ら3人は奇跡の”松”トリオ。この3人で何かできたらいいな、とも思います。青春ドラマとかやってもいいですよね。でも、聡くんにはSexy Zoneという大事なお仕事もあるので、僕はそのサポートができたらいいなと思っています。 (女性自身7月7・14日合併号 ジャニカジインタビュー記事より)

 

始まった時から、きっとこの想いはずっと変わることなく元太くんの中にあったんだと思います。それも当たり前のこととして。

ファンの立場の私がついつい忘れがちだった、Sexy松の前提条件。夢だったユニットの本来のあるべき立ち位置をしっかりと認識して、そうしてずっと「サポート」という想いを持ち続けていたということに胸を打たれました。

 

 ひとつひとつのお仕事や自分の境遇にしっかりと向き合っていく元太くんのお仕事に対する姿勢や、真っ直ぐで意志のある言葉にいつも支えられてるなぁと思ったし、ファンでいる限りこれからもそんな元太くん自身の言葉そのものだけを信じていきたいと強く思いました。

 

 

メインの公演として去年の夏のガムシャラSexy夏祭り、3人として特別出演をした今年初めのガムシャラ祭、そして今年の春のクリエ、ガムシャラのCS放送や、少年倶楽部で名前テロップの上にくっついた「Sexy松」という正式なユニット名。そのSexy松を背負って舞台に立った3人の姿は、たくさんの人に愛されて輝いて。

過去になってしまったかもしれないけど、確かにそこにあった夢の舞台。

 

マリウスとのステージやSexy松のライブをやっていくうちに、今は自信がつきました。それが僕のなかの大きな変化かな。 (10/20発売女性自身 ジャニカジEXTRAより)

 

聡ちゃんのこの言葉にすごくすごく胸がいっぱいになりました。

「聡くんの大事なお仕事のサポートをしたい」そう話してくれた元太くんの想いが、今のSexy Zoneとしての聡ちゃんの自信につながっているのだとしたら、Sexy松がユニットとして活動した1年半は、次の大きなステージへのエンジンとなってSexy Zoneの聡ちゃんをもっと強くて素敵なものにしてくれるんじゃないかなと思ったし、もっともっとSexy Zoneの聡ちゃんのことを応援したいと思わせてくれる、そしてそれを通じてジャニーズJr.の元太くんを今まで以上に応援していきたいと思わせてくれたホッと息をつけるような、そんなすごく安心した言葉でした。

 

 

元太くんの夢が叶った場所は元太くんの夢を語る場所ではない。

 

そう思い続けてきた胸のつっかえが、今少し外れたような気がします。

 

 

夏が終わってから、どうしてもゆらゆらと行き場をなくしていた気持ちが聡ちゃんのジャニカジの言葉を見てポンと落ち着いて、これからもっともっとステージでいっぱい輝く元太くんをみたい!応援したい!!という気持ちになれました。

 

 

やっぱり何事もなかったかのように終わってしまったんだな〜と考えるとすっごくすっごく寂しいけど、だからと言って悔やんだり夢のような1年半のことを振り返って虚しくなったりという感情は全然なくて。

むしろ、元太くんの次の夢の舞台を早くみたいという気持ちでいっぱいです。

 

「 諦めない君がいれば  どんな時もチャンスはある  物語は終わらない  Never ending story 夢は続いてく」

 大好きな大好きなSexy松メドレーの一曲目。

まっすぐで勢いがあって、素敵な物語のプロローグ。

 

 

終わりじゃなくて始まりになりますように。

 

 

 

 

 

天に届け舞い上がれ!

 

「笑顔を忘れずに」

 

これは、ガムシャラサマーステーション8月15日夜公演、最後のパフォーマンスとなってしまった彼ら5人でのFuncussionが始まる直前、神宮寺くんが真っ暗なステージの上で円陣を組みながらチームメイトに放った言葉です。

 

最後まで、"Fun"つまり「楽しい」を武器に戦い、そして私たちを最高に素敵な時間に導いてくれた5人の最強リズムパフォーマンスは、どの音もひとつ残らず大切な思い出になりました。

 

 

7月25日に始まった、チーム者の夏。

8月15日までの全16公演を駆け抜けた彼らの、間違いなくそこにあった素晴らしい"青春"の一瞬一瞬を絶対に忘れたくない、そう強く思わせてくれた5人のこと、そして素敵なチームと共に戦い高め合った元太くんのことを、私の目から見えた景色を中心につらつらと書いていきたいと思います。

 

 

決勝前ラストの公演日。

チーム者の決勝進出はこの日の2公演の勝敗に全てがかかっていました。

「必ず1勝以上すること」

それが決勝に進むための最低条件。昼公演の敗北を知り、夜公演絶対に勝たなければいけない、そう意気込み、フローズン生を1.5杯(友達の飲み残しも飲んだ)(割とまわった)ひっかけて、私にとっての最後の公演に臨みました。

 

相手はインラインスケートのチーム覇。覇も同じく決勝進出のためには負けられない戦いでした。お互いが絶対に勝たなければいけない公演なのに、なんでか公演の序盤からとってもはっぴーで仲良しで、ただただ楽しそうな者覇ちゃん達の姿が印象的で。者覇公演の魅力はまさにこのあったかさで、ひとりひとりがとにかくその場を楽しんでいて、勝負だってことを忘れさせてくれるし、できるなら勝負したくないとまで感じさせてくれる、そんな素敵なチーム同士だったなと思います。

 

何度も言うけど、者ちゃんの最後の対戦相手が覇ちゃんで、心の底からよかったです。

 

 

この日の先攻はチーム覇。

瑞稀のラストトリックの4人飛び。

あれはまさに圧巻でした。会場中が成功した瞬間に歓喜に舞い、誰もがチーム覇の勢いに飲み込まれ、完璧なパフォーマンスに息を飲んだし、あれだけの迫力は者のパフォーマンスには出せない、文句無しの素晴らしいステージでした。

 

会場の興奮冷めやらぬまま、チーム者の映像が流れ始め、ざわめきの中、映像の終盤に者のメンバー達が暗転中のステージに登場しました。普段は映像が終わってからステージに登場するのに、今回ばかりはこの公演にかける気合が怖いくらいに伝わってきて、肩を組み円陣をつくる5人の姿が会場の緊張をMAXまで張り詰めさせました。

 

そして微かに神宮寺くんの「笑顔を忘れずに」という声が。

映像の円陣の掛け声の後にステージ上からの「シャーっ!」という掛け声が響き渡りました。

 

 

会場の声援と、数秒間の無音の時間。

バケツの音が三つ、デッキブラシの音が二つ。

 

 

最後のFuncussionが始まりました。

 

 

初日は本人達の煽りや声出しも一切なくて、とっても静かにただ音楽を聴かせる、そんなパフォーマンスだったのに、16公演目まで毎回毎回進化をし続けてきた者ちゃんの最後のステージはとにかくとっても賑やかで、思いっきり「楽しい」であふれていて。こちらも思わず歓声を上げて、自然とみんながリズムに合わせて手を叩いて、気付いたらあの会場にいた全員が者ちゃんが奏でる音ひとつひとつに引き込まれ、まるでそんなおたくのクラップや声も全部がチーム者のFuncussionになっていたみたいに。

 

元太くんが、パフォーマンスの中で開口一番発した言葉が

「たのしむぞ〜!」

だったんです。まさに、みんなが楽しく笑顔で演奏すること、それがチーム者のFuncussionとしての完成系であり完璧はパフォーマンスなのだなと感じさせてくれました。

 

あのパフォーマンスは、ノーミスでやりきった完璧な演奏だったことはもちろん、5人全員が最後までさいっこうに楽しそうな表情でやりきっていたことがなによりも美しくて、このままず〜っとこの時間が続いて欲しいと思うくらい幸せな4分間でした。

 

 

「今までの中でいちばん最高のパフォーマンスができたので、僕たちに悔いは残っていないです!!」そして「その上で、ご決断ください><」というじんちゃん。これまでも、「本当にいいと思った方に決めてくれたらいいので」と言ってきたように、パフォーマンス自体を評価して欲しいと願うじんちゃんの気持ちが本当におっきくて素敵で、そんなこと言われたらじんちゃんのチームに声出したいに決まってんじゃん喉潰させろかっこいいばか><という気持ちに。

 

みんなが興奮気味に、やりきったという顔で舞台に立っていて、これまでも比較的大きなミスが目立つようなチームではなかったし、ノーミスなパフォーマンスも今までにもあっただろうに、きっとあの公演はミスとかそういう次元ではなく、本人達が心から納得のいくステージだったんだということが目に見えて伝わってきたし、正直、あの5人の顔を見たら「勝てる」と思いました。むしろ優勝できると。

 

 

者のdB測定の時、じんちゃんが者の面々の前に立ち、何やら話をしているように見えたかと思えば、みんなでマイクを置き、ヘッドセットも外し、5人で肩を組んで地声で「お願いします!」と。

そんな姿を見たらもう、命捧げる覚悟で喉潰すとかの次元越えるね><って身体中の毛穴から声を出した(?)ら目眩がして2秒ほどぶっ倒れましたわたしも悔いはないです><(?)

 

 

そして結果発表。

dBでは3dBも差をつけて勝っていた者には、残酷すぎるJr.票の結果が待っていました。

5つ目のボールを取り出すじんちゃんの手には、ボールがありませんでした。

箱の中を確認する萩ちゃん、呆然と立ち尽くすたじちゃんとあむ。膝から崩れ落ちる元太くん。

 

一人ずつ箱に手を入れているのだから、きっと箱に手を入れた瞬間、結果はわかっていたんじゃないのかな、というかわかっていたはず。最初に箱を持ち上げた萩ちゃんが、少し酸っぱそうな顔で首を傾げていて、きっと本人達は私たちよりも先に自分たちの負けを確信していたに違いない。

それでもなお、やっぱり信じたくないし信じられない、箱の中にもしかしたらボールが入っているかもしれないと中を覗き込んだ萩ちゃんの姿がそんな気持ちで溢れているように見えました。

 

「あれ〜?」と動揺を隠しきれない萩ちゃんに「こんなはずじゃなかった」と思わず小さく本音をこぼす元太くん。

 

 

そしてその瞬間、チーム者の予選敗退が決まりました。

 

 

元太くんは上を向きながら客席に背中を向け、明らかに泣くのを必死でこらえようとしていて。それに気づいた萩ちゃんがそっと元太くんの前に立ち、泣き顔を隠してくれていて、隣にいたたじちゃんも気遣って元太くんの背中をぽんと叩いてくれて。

 

去年から、元太くんは絶対にステージの上で涙を流さないようにしてるひとなんだなと思うことが多くて。どんなに悲しくて悔しくても、いつも涙を必死に我慢しようとしていて。もちろんあの日も同じでした。でも、必死に我慢しようとしても我慢しきれない、溢れ出るものがもうどうにも留めていられない、元太くんのまっすぐで素直な涙がそこにあったし、むしろそうやって今までず〜っと我慢してきたものをこぼせる場所があってよかったなと少し思ったりもしました。

もちろん、あの場で元太くんの最高の笑顔が見たかったし、笑顔にさせてあげられなかったなんておこがましいけど、やっぱり勝たせてあげたかった。でも去年は流すことが出来なかった悔し涙が溢れたってことは、全力でやりきって、自分の力を出し切って、必死の想いがそこにあった証拠だったんだなと。

 

元太くん本人が何を思っていたかなんて私には到底分からないけど、少なくとも私自身が元太くんの涙を見てもらい泣きしたのには、ただ悔しいとか悲しい気持ちだけじゃなかった気もしました。

 

 

結果発表を終えて、萩ちゃんが「今のチーム覇に負けたのは清々しい。いい戦いをしました。」ってすぐに相手を讃えていたり、じんちゃんが何度も何度もおたくに対して「ありがとう!」と言ってくれたり、もちろん悔しくてたまらなくて仕方ないはずなのに、なぜかみんなちゃんと地に足をつけていて。

 

 

私は正直28日の夜のことが頭に浮かんでしまって。

あの日は「なんで」という気持ちでいっぱいだったのか、最後までおたくも本人たちも一切納得がいってなくて、言葉も少なかったし表情もすごく暗かったし、露骨に負けたことに対する負のオーラが漂っていたのに、あの日とは全然違っていて。

もしかしたら、負けて決勝にいけない悔しさよりも、もう5人でパフォーマンスすることが出来ない寂しさの方が強かったのかな〜なんて思ったりもしましたわかんないけど。

 

 

安井くんが「決勝前の最後の者と戦えてよかった!ほんと今日俺らめっちゃ楽しいの!」ってみんなが思ってたこと言ってくれて、いつも負けた後どんより口数が減り気味の者ちゃんもそんな覇のみんなの言葉にしっかり感謝をしていたり、あんなに穏やかであったかいMCがあるかってくらい、あぁぁぁぁありがとう覇ちゃんだいすきあぁぁぁぁぁぁってまぁこちらはずっとボロボロ泣いてたんだけど、清々しい顔で者も覇もみんな喋っていました。

 

安井くん曰く「お互いの最高のパフォーマンスを見た後は、本当に幸せな気持ちになる」そうで。

それって本当に素晴らしいことだなぁ…元太くんが、者ちゃんが今そうやって幸せな気持ちになっていたらいいなぁ…とめそめそしながらも願っていました。

 

 

そして、後半の者メドレー。

じんちゃんは登場して一番に「みなさんありがとうございました」と、そして「僕たちに悔いは誰一人にも残っていない」「また一皮むけられました」と笑顔で語ってくれました。負けた日も、勝った日も、チーム者で一番最初に、一人でステージに上がりその時々の気持ちをまっすぐ伝えてくれたじんちゃん。そしてその日は何度も何度も「ありがとう」と口にしていました。でも、その笑顔の目にはいっぱいの涙が浮かんでいて。

あんなに力強いじんちゃんの青春が、その日はすごく苦しそうで、本当は一番誰かにすがりたくて仕方ないはずのじんちゃんが歌うあの歌詞が、胸に突き刺さって、苦しくてたまりませんでした。「どうか分かってくれよと」で息を詰まらせたじんちゃんに、いっぱいいっぱいお疲れ様と、むしろお疲れ様しか言えないのがもどかしかったです。

 

青春の歌詞で「負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ」というフレーズがあるけど、じんちゃんの言葉は泣き言でも枯れ葉でも何でもなかったし、涙をこらえながら、最後の青春を歌いきったじんちゃんは誰よりも強くて勇ましかったです!よっ!さすが勇ましいゆうた!!!うちのリーダー世界一かっこいいよ!!!!

 

そして、たじあむじんのLOCK ON

いつも、表情からなかなか感情が読み取れないあむとたじちゃんは、やっぱり最後も露骨に感情をむき出しにしたりせず、けどきっと静かに最後のLOCK ONを噛み締めていたし、凛とした姿にまさにロックオン()だょ…という気持ちに。(ちなみにあんまり言ってなかったけど、「こんなにも苦しい想いは何〜♪」の儚げなたじちゃんがすごく好きでした…)

 

そしてそして、はぎげんのSing For You

暗転の中舞台上に登場した元太くんは明らかに肩を落として俯いていて、そしたらそっと萩ちゃんが抱きしめてくれて。

 

勝った日も負けた日も、しんふぉゆだけは軽やかに歌い上げてくれていたのに、目をぱんぱんに腫らして、声も途絶え途絶えで、ソロパートの振り付けもやりきれない。いっぱいいっぱいすぎる姿が辛くなったけど、いつものように「you're まるで sunshine〜♪」で萩ちゃんは元太くんのことを笑顔で指差してくれたし、「123近づくほどに〜♪」で二人一緒に階段を降りてくるところで、頭をぽんてして、ライトの当たる眩しいステージに降りてきた時には、元太くんの顔にも笑顔が咲いて。

元太くんにはたくさんのお兄ちゃんがいるけど、今までこんなに元太くんを後輩として可愛がってくれて、そして上からちゃんと支えてくれる、そんな存在の人はいなかったんじゃないかな〜、そしてそんな心から先輩として慕えるお兄ちゃんが萩ちゃんで本当によかったな〜と大好きなはぎげんのSing For Youで滝のように泣きました(というかここまでぶっ通しでずっと泣いてる)。

 

 

そして、5人で歌う最後の曲LIPS

ラスト〜〜〜〜!さわげ〜〜〜〜!!って、ラストなんていやじゃぁぁぁああああ(250db)って寂しさでしにそうになったし、曲終わり、みんなで肩を組んでじんちゃんが「ほんとに!ありがとう!!!」と言ってくれた時はありがとうを言いたいのはこっちだよすぎるし、お願いだから捌けないでむりびえぇぇぇぇぇ…って号泣してたら間髪入れず覇ちゃんのRWM始まって「Surviveするために何か蹴落とす? No way もう必要ない」とか今それこの状況で覇ちゃんが歌うのあかんやろびえぇぇぇぇってなりました。(ちなみにHairで意識取り戻しましたありがとうございましたすんごかったやすあら)

 

 

さなじいバンドのOh Yeah!

さなじいが、「神宮寺と萩谷はもちろん、今日はここまで頑張ってくれた者のみんなと一緒に歌いたいと思います!」そう言って、ステージにあむたじげんの三人も呼んでくれて。おめめを真っ赤にしながらもマイクでギター弾く真似してた元太くんは相変わらず大好きだったし、歌詞あんまりわからないのか途中ただジャンプしてるだけの元太くんも最高にかわいかったし、でもやっぱり途中で涙がこらえきれなくなって、指で目を拭っていた姿は忘れられないし、会場中が、緑のペンライトを高く上げ!このEXを支えて歌った僕ら!天に届け舞い上がれ!Oh Yeah!!!! でした。

 

 

やっぱり最後まで、仲良しでかわいい者ちゃん達が最高にだいすきでした。

 

 

ずっと本当にこらえきれないものが溢れ出て仕方ない元太くんが、完全マイウェイ〜BAD BOYS、そしてアンコールでも、いっぱいいっぱい「ありがとう」って言いながらいつものようにとびっきりの笑顔でおたくに幸せを撒き散らしていたし、あぁ、このひとほんとにすごいって思いました。

溢れ出る想いも全部、元太くんはいつも感謝の気持ちとして届けてくれる、最後の最後まで、やっぱりそこにはだいすきすぎる元太くんがいて。

 

 

 

チーム者として駆け抜けた夏。

「今年はガチで勝ちたい」そんな願いは叶わなかったかもしれないけど、「いい思い出作りたい」それは叶えられたんじゃないかな、そうだといいな、と。本来望んでいた道ではなかったかもしれないけど、間違いなく私にとってはチーム者は六本木の頂点だったし、No.1のチームでした。数字でも結果でもなく、チーム者の、そしてチーム者担のそんな素敵な思い出が一番おっきくてきれいな優勝トロフィーになったんじゃないかな!!欲しかったなあの金ピカのトロフィー!!!(やっぱり)

 

 

リーダーは決めないと言った中でも、やっぱり絶対的にみんなの先頭にたってチームを引っ張ってくれたじんちゃん

みんなと同じ目線で、最年長なのに親しみやすく、それでもやっぱり頼れるパフォーマンスの要、萩ちゃん

言葉は少なくても、そっとそばで元太くんのことを支えてくれる、チーム者の縁の下の力持ちたじちゃん

ちーむ者の盛り上げ隊長、みんなのムードメーカー、者ちゃんに明るさとうるさいくらいの仲良しな輪をつくってくれたあむ

 

元太くんは4人のお兄ちゃん達に支えられて、いっぱいいっぱい悩んで考えて、そして突っ走り続けられたんじゃないかなと思います。

 

もうこの5人が一緒のステージでひとつのパフォーマンスを作り上げることはないかもしれないけど、これからもずっと、チーム者という最高のチームが、永遠と未来と明日に続いていって欲しいなと思います。

 

 

じんちゃんが最後に言っていた「悔しい気持ちも悲しい気持ちも、全部ひっくるめてチーム者の青春でした」この言葉がずっとずっとチーム者の、そしてチーム者担の心に残っていきますように。

 

 

一瞬だって忘れたくない、

5人が駆け抜けた"青春"にたくさんのありがとうとお疲れ様を!

底抜けに明るくて仲良しで、最高の笑顔で「楽しい」を奏でる最強リズムパフォーマンスよ、天に届け!舞い上がれ!

Hey! Hey! We are team SHA!!! Let's go!!!

 

 

 

 

胸の奥熱くなる

今年も日本一アツい夏がやってきた!!

ガムシャラサマーステーション@六本木EXシアター

 

前半戦を終えて、忘れないうちに、感じたことや、この目に映った景色を文字に残しておこうと思います

 

 

今年はVS公演参加のメンバーとして該当公演のみに出演する元太くんを応援しに行く、1チーム者担として夏を迎えました。

 

正直、夏のEXは、去年メインメンバーとして全公演を駆け抜けた元太くんを想起せずにはいられないし、去年のガムシャラSexy夏祭りは私にとってとにかく大切な公演だったので、同じ夏のガムシャラといっても、2回目としてではなく、今年は全くゼロから新しい気持ちで臨もうと思っていて。

それもあってか、去年よりもずっとフラットに元太くんの姿を見れたような、そんな感じがしました。

 

 

そして、自分でもびっくりするくらい、勝敗にすごくシビアになっていて去年とは本当にモチベーションがある意味違って。

去年は、元太くんがステージに立ってくれていることが当たり前ではないことを痛感して、ただただEXのステージに立つその姿を応援したかったから、チームの勝敗なんて全然興味なくて、勝ったら嬉しいけど別に負けることに対して強い抵抗はなかったんだなぁ…って今思えば感じます。正直、チームに対して強い愛情を抱けなかったのもあるし、パフォーマンスは二の次に考えていたところがあったな…

 

それに、去年のブレイクダンスは怪我の心配や、危険な技を見るのが結構怖くて、パフォーマンス自体を”楽しむ”ことが難しかったのかもしれないなと思いました。

だからこそ、本当に最高のチームと最高に楽しいパフォーマンスを見て、このチームは夏をただ乗り切るだけでなく、絶対にその努力とチーム力で結果としてもてっぺんを取って欲しいい取れるはず!という思いから勝った負けたに敏感になるし、勝たせてあげたい一心で喉を潰す夏になったのかなと思います。

 

わからないけど、なんとなく私の周りの元太担が総じて同じような感情を抱いてる気もしています。違ったらごめんなさい。

 

そして、元太くん本人の口からも「今年はガチで勝ちたい」「最高の思い出を作りたい」という言葉が出て、おたく側もより一層そんな想いを膨らましていたのかなぁと思いました。はぁ〜〜〜〜勝ちたい!!!!(200dB)

 

 

 

さて、今年の元太くんはチーム者としてFuncussionに挑む六本木での1ヶ月間。

今回のチームが発表された時、去年大好きだったFuncussionのチームに元太くんが参加出来ること、そして純粋に私自身がすごく愛着を持てるメンバーと一緒になったことがとっても嬉しくて。者のパフォーマンスに期待しかなかったけど、案の定初日の公演に入ってもうチーム者に対する愛情が軽率に大爆発してもう、最高でしかないよ者ちゃん達!絶対頂点行こうね!!!という気持ちに。

 

 

ネタバレ含みながら要所要所心に残ったところを書いていこうかなと思います。

 

 

 

者公演に入って前半の見せ場は間違いなくチーム者曲:Lost My Way

とにかくカワイイが売りの 者ちゃん達が選んだ持ち曲がこの攻め具合!!

くぅぅぅたまらん!!

ステージの上の高くなっているところにスモーク焚かれながら横一列に並ぶ者ちゃん。イントロのカウントでピンスポが一人ずつ当たるもう本当におたくが叫ぶしかない演出から始まって、少し長めにとってある前奏でこれでもかって魅せてきながらポージングして、攻めの表情でむちゃくちゃかっこよく階段を降りてきたかと思えば、そのまま全員でがっつり踊り始めて、歌始まるまでに強そうすぎる者ちゃんに殺されまくりかっこよすぎ。

 

もう散々言ったけど、ロスマイは完全に松田元太(16)が天下とってるし、ソロダンスはもちろん、大サビ前の「人は迷うのか〜〜〜」で最年少が全部もってく感じが元太くんらしくてだいすきすぎる!

 

私的に、ロスマイのダンスはまた一回り進化した元太くんが見れるかな〜って思っていて。ダンスの素人が何を言ってるんだって話だけど、今までの元太くんのダンスはあえて重たくすることでしなやかさや艶っぽさがあって、すごく力が入っている印象が強くて。今年に入ってから徐々に程よく抜くところ抜いて、体の成長に伴って今まで完成してなかった上半身の安定感が補われていて、とにかく無敵になってきたな〜と思ってたんだけど、ロスマイ見たらびっくりするくらい重たさを感じずにしなやかさが洗練されていたというか。好きなダンスをする人ではあったけど、こんなに綺麗に踊るひとだったんだっけ!?!?って度肝を抜かれるくらい。

いつも、ロスマイ見てると、周りから「げんげんやば…」って他担の方の息が漏れるような声が必ず聞こえてくるの快感でしかなくて、はぁ本当に元太くんのおたくをやってると鼻がどんどん高くなって困っちゃうなぁ〜としあわせになります。

 

結構ついったーとかを見てると「げんげんのダンスえろい」って形容されてて、まぁ確かにえろいが一番簡潔な表現かもしれないんだけど、私からすれば、「えろい」なんていやらしい感情よりも、綺麗すぎていやらしさ以前に歴史的名画とかを鑑賞してる時と同じような感情が生まれる……「うわ、凄いもん見ちゃってるわたし…」が一番適切な表現。どんなに腰を回そうが、首筋や胸元を撫で回そうが、それに全然いやらしさを感じさせないのは、やっぱり山田くんの芸術的な色気を想起させられるんだよなぁだいすき(拝)

 

んもう、毎回毎回本当にびっくりさせてくれるし、見るたびに元太くんのダンスが好きになってしまうわ…こまった……もっとくれもっとみせて………と軽率にロスマイで公演に入れるおたくに成り上がったし、本当にロスマイのためにチケ代払えると真顔で豪語出来てしまうくらい。後半どこまでロスマイの殺傷能力を上げてきてくれるのか今から楽しみ!

 

 

と、ロスマイだけで気持ち悪いほど語り尽くしてるけど、だいたい現場で会う友達にこれを全て話してると思うと本当に皆さん友達でいてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです、次の話に行きます。

 

 

なんといっても、夏のEXなので一番の目玉はパフォーマンスバトル!

今年の者ちゃんのFuncussionについて、素人なりに思ったことをつらつらと。

 

パフォーマンスバトルが始まる前の映像がもう完全に神宮寺勇太の情熱大陸だし、今年もじんちぁ一生ついていくよぉ(;;)と毎回惚れ直すターン。地上波では放送されてない元太くんといえば、練習の時にスネアの上に乗せてる丸い板みたいなやつ(名前を知らない)に、『松田元太 絶対勝つ!!』って書いてるシーンかな?「今年はガチで勝ちたいんすよ」を毎度毎度聞かされるのが、者のおたく(というか元太くんのおたく)が毎回驚異的なdBを叩き出す原動力になってると思う確実に。少なくとも私はあの映像で毎回自分の喉を奮い立たせてる。

じんちゃんの「一人ができればいいってことじゃないんですよ。五人で練習して、息を合わせて、去年よりパワーアップしたものを皆さんに見せたいですね」と、最後に円陣を組んだ者ちゃんの映像と共に、萩ちゃんの「成功するイメージを頭に浮かべて」って言葉が本当にかっこよくて震える仕様になってるし、さすが初日のパフォーマンス見てボロッボロ泣いた者専属カメラマンさんが撮った映像なだけある(過大評価)。

 

映像が終わり、暗転してしばらく静かな時間。緊張感MAXの中聞こえてくるのは、ヘッドセットマイクを通して聞こえるメンバーの吐息。

暗転の中、バケツを叩く音が三つ。その後にデッキブラシをこする音が二つ。

ここからチーム者の最強リズムパフォーマンスが始まります。

 

あむげんのデッキブラシと、じんはぎたじのバケツドラムのセッションがストンプのストリートなリズムを刻み始めるんだけど、デッキブラシ持ってリズムに合わせて軽快に踊る元太くんがすごく好きで。

 

まだ各チームの競技が決まる前に、ストンプ大好き芸人だからこんなこと呟いてたんだけど、本当にデッキブラシで床をシャッシャする元太くんが観れて最高だった!

なんならストンプなのに、黒スーツでめっちゃロイヤルなの超かっこよくて超ずるい!!!

 

その後みんな中心に集まって「(ダンッ)ヘイ!(ダンッ)ヘイ!(ダンッ)ウィーアーチーム者!!(ダンダンダンダンダンッ)レッツゴー!!!」と掛け声が入るんだけど、ここからリズムアップしてさらに盛り上がっていくのが本当おたくもブチ上がるし最高峯ちゃん先生センス良すぎ(絶対的信頼)

 

その後、デッキブラシ隊が舞台袖に一回捌けていくんだけど、初日に入った時、元太くんが捌けていった側の袖がちょうど見える位置で。デッキブラシをスティックに持ち替えて、袖で大きく一回深呼吸をする緊張の面持ちの元太くんがものすごく印象的でした。初回でまだ動きも硬くて、次に待ち受ける元太くんの見せ場でもあるドラムセッションに向けて気合を入れている姿が忘れられません。

 

そして、萩ちゃんのドラムソロパートにあむげんが加わるドラムセッション!

楽器未経験者から言わせると、者のパフォーマンスはどれをとっても本当にすごすぎるんだけど、特にドラムセッションは三人の息を合わせてひとつのリズムを作り出さないといけないと思うと、こちらからすれば難しすぎると思うわけで。元太くんは裏拍っぽいリズムで一番高い音を叩いてるんだけど、正直初日入った時は若干ずれがあって、ぴたりと裏拍にはまっていない感じがしたんだけど、ドラムセッションも日を追うごとに音がどんどん揃い始めて、私が最後に見た公演はなんの違和感も感じなかったので、みるみるうちに上手になる者ちゃんに感動を覚えずにはいられなくなりました。

ドラムセッションは、萩ちゃんのかっこよさにあむげんが良い意味で巻き込まれまくっているのがすごく楽しくて、大好きなセクションです。

 

じんちゃんのダブルストロークも、ステージのいっちばん高いところで静かに魅せてくれるの「よっ!さすが!!」とガヤ入れたくなるし、とにかくあのソロパートかっこよすぎる。

ダブルストローク終わってじんちゃんが「いくぞー!!!」って言うと、両サイドから、スネアを肩からかけたメンバーが登場するんだけど、とにかくあのロイヤルな衣装に真っ白なスネアが高貴すぎてだな?!?見た目で優勝出来る……

初回、横一列で隣の太鼓と自分の太鼓を高速連打するところで、元太くんが割と目立つ大きめのミスをしてしまったのだけど、それ以来絶対にそこで失敗しないのも元太くんらしいなぁと思いました。

 

そして、最後最大の見せ場スティックスロー!なんであんなこと出来るのかこちとら甚だ疑問……あむげん間の距離相当あるよね!?!?すごすぎ……これ成功するとまじ超盛り上がるし、てか成功率すごい高いよね?!?!優勝だな……(ガッツポーズ)

 

やっぱり楽器は経験者との差が出やすいな〜と感じるのは、萩ちゃんとたじちゃんの安定感。ふとした時にやっぱり二人は群を抜いて上手なことを実感させられます。

たじちゃんだけ大きな見せ場がなかったのが、他担ながら不服でしかなかったので、30日からソロパートが追加されてすごく嬉しかったです。

 

初日は正直あんまり本人達の声が出てなかったんだけど、28日の公演から、パフォーマンス中にすごく声が出ていて。しかも元太くんが声出し番長になってたの最高にかわいいし、パフォーマンス中にあのかわいい声が聞けるの煽られなくとも無条件に「かわいいんじゃあああああ」って声が出る最高。そうやって盛り上がりが増したのが、 日を追うごとに者ちゃんが勝てる要因のひとつにもなってるのかな〜と感じました。

 

こんなすごいもの見せられて勝敗をつけなきゃいけないの本当に酷すぎるし、28日夜の大敗が結構本人達にもおたくにもトラウマになってるのかな〜と感じました。正直言ってしまえば、初回公演も負けたの個人的に全然トラウマだし、つくづくJr.票撲滅キャンペーン過激派。

 

 

28日のことぶり返すべきじゃないのかもしれないけど、やっぱりあの日のこと忘れたくないからぶり返します。

 

28日夜は大きなミスもなくほぼ完璧といえるパフォーマンスで。その日の昼公演でスティックスローの失敗もあり、負けたのがあってなのか、パフォーマンス終わりの者ちゃんのテンションがぶち上がっていました。相手の我は序盤ダンクを何本も外すミスが結構目立っていたのもあり、本人達も夜は勝てた気でいたはずで、おたくも勝利を確信していたところがあって。

dB計測で先攻の我が118という歴代最高値を出してきて、あのパフォーマンスで負けるわけにはいかないと意地が爆発した結果、120とかいう驚異的な叫び声を上げたあの公演の者のおたくはまじですごかったw dBで勝てば、あのパフォーマンスだったら勝てる自信があったし、最高dBが出た瞬間に者ちゃん本人達もステージを駆け回るほど喜んでいて。最高のパフォーマンスでの勝利に喜びを隠せないような感じでした。

 

そしてJr.票。衝撃的な結果が待っていました。者の箱には3つしかボールが入っておらず、結果 我138−126者 という大敗をしたんだけど、ボールがないと分かってから膝の力が抜けたように呆然とステージに座り込む者ちゃん達。そして、悔しいのではなく、なんでという気持ちが溢れ出て、言葉すら出なかった彼らの姿は本当に見ていられませんでした。とにかく唖然。何が起きているかも把握出来ず、悔しい気持ちよりも自分達の無力さと納得のいかなさでおたくも何も言えなくて。

何も言えない者ちゃんと、いつもなら負けても元気にMCを回してくれていたじんちゃんですら肩を落として喋れなくなってしまって。そんな中であの饒舌っぷりと、神経を逆なでするような相手のMCに心底不快感しかおぼえられませんでした。あんな状況で「単純に俺らのパフォーマンスがめっちゃかっこよかったってことですね」「がんばったとおもうよ?」「者もよかったからがんばっていこうな」なんて言葉を発されて、どんな気持ちで萩ちゃんが「ありがとう」って言ったか。

MC終わり、暗転して捌けていく時に、露骨に肩を落としてうつむきながら捌けていく五人の姿は本当に見ていられませんでした。

 

何より目を背けたくなったのは、者メドレーの最初にソロを歌うじんちゃんが、涙を目に浮かべながら絞り出すような声で青春を歌っていたこと。

「負けた者達の泣き言は ひとひらの枯葉さ」

なんて苦しそうに歌うじんちゃんをもう二度と見たくないと、あの日はとにかくやるせなさでしにそうになりました。

 

 

と、28日のことになると露骨に大荒れし始めるから、自分でも反省しかないけど、そんな大敗を乗り越えた者ちゃんが今がつがつ勝ち始めてて、本人達もおたくも強いな〜としみじみせざるを得ません。かっこいいよみんな!!!

 

 

 

で、後半の一番の見所は者メドレーのはぎげん:Sing For You

総じて攻めのオラオラ選曲な者ちゃんの中で唯一そよ風が吹く一曲。

この夏を通して急激に距離を縮めたはぎげんのユートピア

Aメロが元太くんのソロパートなんだけど、オリジナルでAメロ終わりに「へいっ!」って言うのマシュマロボイスでEX破壊すんのかと思うし、萩ちゃんのソロパートの「鼓動をBANG!」で萩ちゃんに撃たれて「ばーん!」って言いながらぴょ〜んって飛んでく元太くんに会場中が「っかっかわぃぃ……」って溜息もらすの楽しいしかない。

個人的に爆推ししてるはぎげんちゃんのユニゾン曲聞けて今年の夏も眼福がすぎる。

自分が好きだからだけかもしれないけど、普段絶対に交わることのなかったはぎげんという化学反応はすごく強そうだったし、ふわっとしていて優しそうな二人のクオリティの高いパフォーマンスが、この夏限定だと思うととてももったいなく感じました。かわいいだけじゃないい!! チーム埼玉さいこーーーーーーー!!!(200dB)

 

 

 

サマステは元太くんの交友関係の広さをまざまざと見せつけられるのも、大好きな見所のひとつなんだけど、我と羅は大好きなお兄ちゃん達にいっぱいお世話してもらってて、くぅ〜〜〜おとうとりょく><でかわいいが大混雑してて、普段なかなか一緒にお仕事する機会がないお兄ちゃんとの絡みが見れるのたまらん!!!なやつ

 

 

我者はずっと尻尾ぶんぶん振ってるしほんとわんこでかわゆかった……

 

 

羅者は一緒になって遊んでくれるのは基本北斗くんだけど、高地くんやカウアンや慎ちゃんにワンワン!って絡みにいってる姿が本当にみんなと仲良しなんだな〜しみじみ…とさせられました。

 

 

武者を見れないのが悔しいんだけど、行ける見込みが今のところなくて私はすごいもったいないことをしている気がする…

 

個人的に覇者がすごいすきだったな〜

覇の子が基本みんな好きな子しかいないってのもあるんだけど、MCはもちろん、メドレーやパフォーマンスに独特の安定感があったというか、チームとしての仲の良さがすごく溢れてて、割といちばん雰囲気が好きな公演でした。

ギスギスしていなくて、あったかかったな〜と。おたくも本人達も。

そしてとにかく覇は魅せ方がずるい!あらちかにセトリを全部考えて欲しいくらい本当に天才的だったウゥゥ…安定感ありすぎ…じゃんぴちゃんの曲つかうのずるい…2015年おりん的セトリ最高傑作はDクリエとチーム覇だと思う…あらちかくそぅ……RWMもOne Loveも最高すぎたしHairはおたくのこと理解しすぎ!そうそう、あらんちぇんの「チャンネル回せばニュース!」が私の知ってるチャンネルの回し方ではなくてスマートすぎて別の曲かと思ったし、シンメ×シンメの真ん中に安井くんっていうのが美しすぎて軽率に沸ける。

(っていうかおみじゅがまたりあこにせいちょうしていてわたしはもうこれいじょうちゃんとかれのことをみてはいけないとおもいましたかっこよすぎゅっらぃりぁこ)

 

 

そしてこの夏、忘れてはならないのは、松島の聡ちゃんが破滅的にかっこよすぎるということと、そんな松島の聡ちゃんのことを「うちのセンター」と呼べないことです。トラジャムとこの手をつなごうが流れ始めると死んだ目をするわたし(松の亡霊)

 聡ちゃんまたダンス上手くなったね??ぐぬぬぬぬ…がっごぃぃうちのセンター…だったひと……聡ちゃんのソロで千手観音ぽくなるところ?で軽率に脳内でGive me...流す芸やめたいけど多分これからもやめられないしやめない!!!聡ちゃんすき!!!ぎぶみー松()

 

 

…というわけで前半戦を折り返し、

 

まだまだいけるぞ!目指すは六本木の頂点!

前半4日間8公演本当にお疲れ様でした!

 

後半戦が待ち遠しい!さらにレベルアップしたチーム者に会えるのが今から楽しみで仕方ない!

 

 

もっともっと魅せて欲しい!ドキドキさせて欲しい!

Hey! Hey! We're team SHA!!! Let's GO!!!

 

f:id:gentanniversary:20150802144056j:image 

 

 

夢が叶って超絶サイコー!

 

2015年6月17日

ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』DVD&Blue-ray BOX 発売日!(拍手喝采)

 

と、この日を迎えて一通り元太くんの初ドラマ関連がオールアップしたということで、今一度おめでとうありがとうお疲れ様の気持ちを込めてブログをしたためようと思います。物好きな方のみお付合いくださいませ。

 

 

2014年11月12日

『お兄ちゃん、ガチャ』情報解禁。

雨の朝、早朝のバイトに出かける駅のホームで幸せすぎる世界が訪れていて。元太くんの初めてのドラマが決まったこと、役柄を見たら「ネガ:Gランクお兄ちゃん。卑屈でネガティブな性格」「脚本:野島伸司」っていう可能性に満ち溢れた素敵すぎる元太くんの夢の舞台がそこにあって。

 

やってみたいのは演技。山田くんと錦戸くんを見て勉強中で、目だけで訴える演技を一人で練習したりJr.のトランピーに向けてやってみたりしてるんです。ドラマに出られた時にはしっかりお芝居したいなと思って。(10月24日発売TVfan 2014年12月号より)

 

この記事の他にも、ドラマ発表の少し前から元太くんの口から何度か「演技」っていう言葉が頻繁に出ていたのもあって、夢をちゃんと口にして叶えてしまったかっこよさに、何度目か分からない元太くんに惚れ直した日でした。

 

 

2014年12月2日

この日、TV誌の早売りが流れてきてネガお兄ちゃんのビジュアルが世に放たれる。

「ネガお兄ちゃん・・思ってたのと違う・・・」旋風が巻き起こりました。てっきり引きこもりでおたくでなんならダサ眼鏡にチェックシャツとかもはやそのレベルを想像していたのに、野島ワールドはやっぱり私たちのはるか上を行くファンタジーであふれていました。全身真っ黒コーデにクロスのネックレス極め付けの黒ハット、そうほぼほぼ普段の元太くん(そこ)。他のキャラクターもとにかく個性的、ドラマの世界観も遊び心満載野島万歳。元太くんの初めてのドラマがこんなにおたく期待度も高くて、最高に盛り上がっていてそれだけでただただ嬉しかったなぁと。

 

 

2015年2月7日

2月発売のPOTATOの表紙を『お兄ちゃん、ガチャ』が飾った日。

セク松関連でミニミニ表紙デビューは夏にしてた?けど、正式に表紙のメンバーとして初めて元太くんが起用されて。本屋さんの雑誌コーナーに堂々と元太くんがいて!ドラマを通じてたくさんのはじめてにおめでとうを言える日々が幸せだと身に染みて感じました。

このPOTATOには絶対に忘れたくないテキストが2つありました。

 

松田「そういえば岸くん、僕が演技のことで悩んでる時にすごくいいアドバイスをくれたんです。」

岸「え、なんて言ったっけ?」

松田「それを覚えてないんです。」

一同「おいーっ!」

(2015年2月7日発売POTATO お兄ちゃん対談 より)

 

元太くんが演技のことで悩んだ時期があったのがすごく嬉しくて。悩んだのが嬉しいっていうとすこし聞こえが悪いかもしれないけど、まっすぐ全力で取り組んでいるひとしか壁にはぶつからないと思うし、ましてやはじめてのドラマでそうやって悩んで考えて、そうして出来上がった元太くんの元太くんにしか出来ないネガを見ることが出来たのは本当に嬉しかったなと心から思いました。

元太くんのことだから本当に忘れたわけではないんじゃないかな〜ってちょっぴり期待してたり(笑)きっと今でも岸くんのアドバイスをちゃんと心に大事にとっておいてるんじゃないかな〜なんて!

 

そして、ガチャ関連のテキストではないのだけど、

 

(Johnny's Worldの稽古中で)正直、自分が成長している感じがしなくて、情けなくなってきた。

 

ドラマがあり、舞台(前年よりもずっと良い場所をもらえた)があり、そんな大忙しで躍進の時期に自分のことを「情けない」って言う元太くんがとにかく印象的で。こちらからしたら、これでもかってくらいたくさんの夢を見させてもらって、けど本人は現状に満足していなくてもっと上を上を目指していて。きっとこの頃の元太くんの中にはひとつ大きな葛藤があったんじゃないかなと勝手に感じる一言でした。その葛藤の正体が何かは私には分からないけど、私がJohnny's Worldの元太くんが日々進化していく姿にものすごく引き込まれたのには、単純にダンスやステージに立つ姿そのもの以上の目には見えない変化があったんじゃないかと思うし、少なからずそれは初ドラマを経験してひとまわりもふたまわりも大きくなった元太くんのネクステの一歩だったようにも感じました。

 

少し話が逸れてしまったけど、当時15歳というひとつ節目となる時期にそうやってたくさん悩んだり自分と向き合う機会があったのはとても恵まれた素晴らしい経験だったんじゃないかなそうだといいな〜と。

 

 

2015年2月28日深夜

テレ土曜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』#8 ネガ回放送日。

ついについに、待ちわびたこの日が!!!!!!

元太くんの夢がついに形になった日です。

ネガ回は(私のTLだけかもしれないけど)他担の方にも好きっていってくださる方がたくさんいらして片っ端からお星様をつけて回った思い出。初めての演技に正直私はそこまで大きな期待を寄せていなくて、でもふたを開けてみたらとっても素敵な俳優さんとしてネガを演じきっていていて。元太くんらしさが残る優しい演技がとっても大好きだったし、何よりみんなに愛されるキャラクターとしてしっかり爪痕を残すことが出来たんじゃないかなと嬉しくなりました。

 

最初は演技が難しくて不安だったんだけど、監督から「元太くんいいね」ってほめられて、踊りや歌も好きだけど、芝居も大好きになったよ。(2015年2月POTATOより) 

 

悩んだ末に作り上げた素敵な役、そしてそれを通して元太くんがお芝居を好きになったなんて、松田元太(俳優)の未来は明るいしかない!!

 

「お兄ちゃん、ガチャ」では初めてドラマに出させてもらいました。ずっと演技がしたかったんですよ。ジャニーズに入って一番やりたい仕事はドラマだったんで。やってみて、本当に楽しかった。いつか人を殺しちゃうような悪い役もやりたいし、今までにない色も出してみたい。「任侠ヘルパー」の草彅くんみたいに怒鳴るような役とか。どんな役が来ても入り込めるようになりたいです。(2月24日発売TVfan2015年4月号より)

 

ドラマを終えた元太くんがこんなにお芝居に対して熱い気持ちを持ってるの本当に素敵だし、早く次のお芝居のお仕事がくるといいな〜と魔法をかけておきます。

 

 

 

最後にガチャのメイキングをみて胸がいっぱいになった話をさせてください。

 

クランクイン、緊張でガチガチの面持ちで「初ドラマで、とにかく緊張しかしていない」と話した後「とにかく楽しもう」「自分なりにがんばりたい」といつもの元太くんらしい意気込みを笑顔で語ってくれて。色んな場面で意気込みを語るときにいつも「とにかく楽しもう」って口癖のように言ってくれる大好きな元太くんがしょっぱなから登場して。ガッチガチだけど、危なっかしさは全然感じられなくて。とにかくここから少しずつ夢が形になっていくんだって思ったら、出てきて早々感極まってしまうから本当おたくはめんどくさい(笑)

 

クランクアップ、オールアップがまさかあのネガのバスルームのシーンだとは。雫石家とトイくんと一緒にクランクアップを迎え、こらえきれないものが目から溢れでる元太くんのコメントも本当に素敵でした。

 

「お兄ちゃんガチャに出させていただけて感謝しきれないほどの感謝しかないです」

 

 こみ上げる想いをいつだって感謝の気持ちとして言葉にしてくれる、ここにもやっぱり大好きな元太くんがいました。

 

はじめてのドラマが『お兄ちゃん、ガチャ』で本当によかったし、これから先何本ドラマに出ようと、はじめてのドラマはこの1本だけ。元太くんの俳優さんのスタート地点がこんな素敵な作品で心の底から幸せでした。

 

 

 

お兄ちゃん、ガチャ Blu-ray BOX 豪華版(初回限定生産)
 

 

メイキングが150分どこをとっても本当に面白いし見応え十分だし、何よりかわいいかわいい元太くんがたくさん詰まっているのでぜひたくさんの方に見てもらいたい!!!ご興味ある方ご一報ください☆

 

 

去年の11月から始まった、元太くんの夢が叶って超絶サイコー!物語オールアップです。

世界で一番きれいな花束をありがとうと共に。