読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない今日と云う日

偶然あの日出逢い恋に落ちたよ

ジャニーズやたらダンス上手い子いるなと思ったら元太くんなんすよワールド2015

Johnnys World 2015-16 開幕して一週間が経ち、連日たくさんの素敵な言葉で彩られる「げんげんがすごい」ついーとに涙する日々が楽しくて仕方ありません。

興奮冷めやらぬ初日(ほぼ記憶なし)からようやく2回目の観劇を終えて一通りゆっくりと振り返ることができそうなので、2015年最後の元太くんの素晴らしすぎるステージについて定点観測記録と共に今年のJWをまとめておきたいと思います。

 

 ●:元太くん出演シーン ○:元太くん登場なし

 

●OP

舞台上段奥中央→中央下手寄り

今年はPut on~♪から始まらないし仰々しくて重たいOPで若干の納得のいかなさは否めないけど、重厚感があるからこそコンサートでは見られない鋭い目つきがいきなり見られてこれこそ舞台!かっこいい最高!

マントを纏って立っている姿からバッと脱いで黄色い丈短めのジャケット姿。長妻くんセンターの隣下手側1人目が元太くんです。

毎年恒例勝利がフライングの途中で事故に遭う場面、着地した勝利のフライング器具を外すフッキングJr.を任されている元太くんが見れるのは最大のポイント!お仕事を終えた後、内Pの「やめるな!ショーを続けろ!」という罵倒に対して真剣な眼差しと怪訝そうな表情でカンパニーのダンサーゲンタを演じているところも素敵です。(すぐに暗転されるので一瞬しか表情見れないォコ)


1/12追記:今日観劇したら、フッキングして背中ぽんぽんした元太くんに対して勝利が頷きながら「ありがとう」的な仕草をしてて(前なかったよね?)、確かにこの場面は舞台の中の舞台だから普段は見えちゃいけないはずの補助の役割がそのものとしてそこで中断されたステージを再現するにはリアリティがあるなぁとすら思った。果たしてそこまでの意味があるかは分からないけど(笑)

 

○バンド×Funcussion

 

○♪HiHiJet

Johnnys HiHi World記念すべき1回目のHHJ(バラードver.)

 

○♪Keep on your Stage

『1分1秒も飽きさせない、それがジャニーズワールド!』で今年もきた〜〜〜!ってなるやつ

 

●♪ダッタン人の踊り×第九

下手→上手→下手

A.B.C-Z登場

えびのバックで水色の衣装で登場します。トニトニの時もダッタン人にいたな〜〜とか考えてたんだけど、今年はがっつり踊ってるし、最後衣装回収して捌けていったりと、仕事人元太してるのがたまらない!

毎年えびの登場時のダンスは手の動きとかが特徴的だったり、ジャニーズの曲を踊るときとは違ったテイストの振りが見られるから好きなんだけど、下手上手と横移動が多い中でその移動のステップですら足の上げ方や踏み方が人一倍力強くて軽やかに重心を落としていたり、曲調にぴったりに踊る元太くんがすごくすき。

 

●ノイナ

後半上手階段

今年もイントロなしで「1,2,3物足りない〜♪」のアカペラ歌いだしからぬるっと始まるノイナ。前の曲からの流れで始まるので、元太くんは舞台上で両手広げてひざまづいたポーズのまま停止してるんだけど、「5,6,7上げたりない〜♪」で明転した時にかっこよくポーズキメてサッと郁人の衣装を回収して捌けていきます。

ノイナは後半から参戦。上手階段で踊ってるのだけど、今年はJr.も少ないせいかなんとなくステージの上がスカスカして見えるし、隣の人との距離も離れてるからアイコンして踊る元太くん見れなくて寂しさもあるけど、4年目のノイナなのにひとつひとつの動きは相変わらずバッ!バッ!ってとってもメリハリ良くマンネリ化せずに踊っててさすがだなぁと。


 12月は慎太郎とのアイコンが恒例行事だったけど、1月に入ってからは隣のりんねや後ろの方にいる森継だったり近くにいるちびっこだったり、今年もやっぱりみんなと楽しいを共有しながらフリータイムを踊っているのでそれだけはずっと変えないで欲しい><そしてクラップの時の腰の入れ方がかっこいい。


○健人4Dフライング

 

○♪1年は12ヶ月〜

えび(時の旅人)が内Pに暦の旅をおすすめして、地獄の旅が始まるな…みたいな雰囲気になって、それに対して健人と勝利が「は?暦の旅?意味わかんねぇ!」ってキレて1月が始まるというなかなか斬新な展開で、13ヶ月目探すのどこいったんやてなるハイパートンチキJWのはじまりはじまり。

 

●1月:New Day

中央マンション105号室

曲変わってるし水太鼓じゃないし1月でもなんでもない1月は、巨大マンションでJr.が謎の球体を手で操ってる演出になってます三味線もってこい三味線を。

なんとも言えない無表情で神秘的な表情(?)で球体をハンドパワーで操ってるんだけど、たまに少しだけ口を開いてたりしてわざとなのか集中してなのか分からないけど本当に特殊能力使ってるかのような臨場感を醸し出す天才メンタリストGENTAが見れるポイント。

最後球体を両手でつかんで上にするポーズがあるんだけど、誰よりも腕をピンと伸ばして自分の球体のさらに向こう側を見つめてる姿が、わたしの大好きな指先を追いかける元太くんらしくて好きです。

 

○2月

雅じゃないし変面じゃないし衣装ビリビリってやんないし2月でもなんでもない2月。

えびの衣装に映像が映し出されてて現代的。もちろん2月でもなんでもない2月なのでみんなが大好きな上半身裸の中高生Jr.のマンションダンスもありません無念。

ここで例年水太鼓に使ってた太鼓に水を入れないで叩く冒涜に出るハイパートンチキジャニワ。

 

●3月:桜咲くcolor

上手登場→ソロダンス→下手捌け→下手登場→上手捌け

健人のシルクフライングから始まる3月

上手から吊られながら登場する健人が持つ白い布の裾を持ちながら元太くんが登場します。

その後桜咲くcolorのカラオケver.に合わせてソロダンス。これがとっても綺麗でしなやかで美しくて。舞台の後方に巨大な薄ピンク色の布が用意されて、その布の前方真ん中付近に膝まづく元太くんを頂点に布が折りたたまれて、おおきな三角形が出来上がる演出がめちゃくちゃ芸術的だし、帝劇の0番に立つ松田元太(16)がこの舞台を代表するスターダンサーだと堂々と胸を張れる。自信に満ち溢れた姿がとっても頼もしくて本来12月で決壊予定のところを3月で個人的に決壊しちゃったせいで暦の旅(完)。

ああいうダンスってなんて言うんだろうか…初演でWMHBを踊る知念ちゃんに重なるところがあるというか。バレエみたいに手足が指先まで柔らかくピンと伸びていて、タンっと飛び上がって片膝ついて着地するみたいなやつとか、両手を祈るように胸の前で握りしめて抱きかかえるようにしたり…ダンスが本っ当に上手な人しか踊れないようなやつ…踊ってるというより舞ってる。

一度捌けてから再度、曲の中盤でピンク色の布を持ってくるくる回りながら舞台上を通過する桜の妖精さん役で再度登場するのだけど、明らかにターンのキレが他の人と違いすぎて桜の妖精界でもスター勝ち取ってるハンパない…

とにかく3月は今まで見たどんな元太くんよりも大きくそして頼もしく力強く見えました。気持ちがはち切れそうで苦しくなるほどの元太くんの3月にチケット代を全額捧げる時間でした。

 

1/5追記:1月公演からソロダンスの時に白シャツ白ベスト(1月の時の衣装のまま)から白シャツ前開きに白タンクに衣装の着方を変えていて。ますますWMHBのちねちゃんを彷彿とさせるほど、シャツが踊るたびにひらりと舞って余計に綺麗さが増してる天才。。桜の妖精さん役で再登場する時は、再び白シャツ白ベストに戻っているから、わざわざソロダンスの魅せ方を追求するためだけにそのシーンだけ着方を変えてきたと思うと、その貪欲さに惚れ直して涙、そして涙(泣きっぱなし)


○4月:タイタニック

去年からやたらと尺長くて話が重たくなったタイタニック

今年も廉皇輝兄弟(下流階級)と、スターダンサー五関のSMGO、乗組員/乗客すのーまんの悲劇が描かれます。

去年とすのーまんの役柄が変わっていたのが個人的に気になったのでまとめておきます。

岩本:事故の原因を船長に問いただす上流階級乗客→NYで待つ幼い子供達のためにこんなところで死んでたまるかと航海士を責める上流階級乗客

深澤:妹がテーブルの下敷きになって医者を探す乗客→規則に捉われる乗組員

阿部:事故の原因を船長に問いただすインテリ乗組員→監視を怠った航海士、責任を感じて自殺を図ろうとする

渡辺:救命ボートが足りてないんだよ!→救命ボートが足りてません!(船長に敬語使うようになってた)

宮舘:タイタニック号の船長。乗組員にも乗客にもめちゃくちゃ責められる→航海士が責められるおかげであんまり怒られなくなる

佐久間:地下にいる仲間が出られないんだ!→地下にいる仲間が出られないんだ!

医者を呼んでた深澤くんが医者を呼んでくださいって廉くんに泣きつかれるようになってるし、そしたら岩本くんが「私がなんとかする」ってお前は何者なんやってなるし、阿部ちゃんはヒステリックを起こして倒れてるし悲劇が交差して複雑化しててもうしんどい。

年々重たくなってるから来年になったら氷山ぶつからなくても沈みそう。

 

●5月:ヒンデンブルク号

下手マンション

塚田くん演じる記者のカメラマン役で元太くん下手マンションに登場。

カメラを構えて、塚田くんの取材にうんうんって頷いたり、腰を落として撮影したりと台詞がないところでもしっかり演技が入っていてジャニーズJr.の松田元太じゃなく歴史の中の一員になってるなぁと感じられて、元太くんが何度もやりたいやりたいと口にしていた大好きな演技の機会ももらっていてとても嬉しくなりました。そして爆発が起こって「大変なことになったぞ!」と台詞も。悲劇を映像に収めることを止めようとせず、爆発音や煙に顔を背けたり咳き込んだり、途中からどんどん息が荒くなったり、しっかりそこで本当にヒンデンブルク号が炎上してることを表現していますアカデミー助演男優賞受賞おめでとうございます。


1/15追記:1/5に観劇した時まで、「大変なことになったぞ!」の台詞は声を荒げるような言い方(ちょっと声かすれ気味になりつつあって喉が心配)だったけど、1/12の時は少し声を低くして、でも比較的焦りが感じられたけど、1/15は完全に声が漏れてしまったような「大変なことになったぞ…」というニュアンスに変わっていて。台詞の言い方だけでなく、カメラのレンズを覗いたり覗かなかったり、息が上がってる日があったり息をするのを忘れてしまっている日があったり。初日は被っている帽子を投げ捨てるように取っていたけれど、帽子をぐしゃっと掴むように頭を抱えてゆっっくり脱いでみたり。毎回見る度に演技のテイストを変えていて本当に見応えがあるので何度見ても飽きない!(から何度でも見たい)

 

○6月:June Bride

すののアクロバティックウェディング(絶対に笑ってはいけない)


●7月〜8月:第二次世界大戦

上手登場→下手から二列目→上手奥→下手奥→下手捌け→下手登場→上手奥→中央


1月公演から空襲,特攻隊,硫黄島のシーンが追加。

・空襲:東京大空襲下逃げ惑う京本、戸塚耀生兄弟(戸塚瓦礫の下敷きで命を落とす)  久々よせたんのお兄ちゃん!が聞けて嬉しさとともに悲惨すぎる演出がしんどい

・神風特攻隊:橋本(弟皇輝)、高地、樹

・硫黄島:日本兵塚田、アメリカ兵ジェシー北斗慎太郎


今年は日本国内の戦争のこと、学徒出陣、贅沢は敵だ!と日本兵を鼓舞してる。元太くんは日本兵として行進しながら出てきます。白ハチマキに軍服姿。

Kingとすとんずが地球儀を抱えてる(絶対に笑ってはいけない)。服の中から白い幽霊みたいなのがにょき〜って出てくる(絶対に笑ってはいけない)。絶対に笑ってはいけない。

※空襲等のシーンが追加されてからは地球儀を抱えるのはすのーまんに。

 

1/12追記:最後にれあげんで目黒をフルボッコにするシーンが追加。ボッコボッコ殴りに殴って、跪く目黒の胸ぐらを掴んで上から見下ろす冷酷元太(見所すぎる)。殴ってても頭が全然動かなくって本当に殴り上手(語弊)でめちゃくちゃ怖いし尚且つスタイリッシュでやばい。



●オリンピック

Jr.の特技紹介コーナー(ガムシャラを幅広く踏襲)

・♪HiHiJet(ロックver.):ローラー

・タップダンス ちびJr.

・フリースタイルダンス

下手奥登場→下手前列

林蓮音くんとペアで元太くんブレイクとアクロバット。初日は蓮音くん持ち上げてぐわんって回す技も。2人でシンクロしてバック転。

・すとんずダブルダッチ

・すのフリースタイルバスケ

・すのすとコラボ→12人でタップダンク

・♪情熱colors(?):King×HiHiバトン

 

♪未来の祭典

やっときた疲れた今年はレッツゴートゥザットニットニ!するまでが長すぎる

 

●11月:龍王

上手

紫耀くんのフライングのバックでステージの前列にJr.が一列に並んでがっつり踊るシーン。

出演時間的には短いんだけど地味にここの元太くんダンスがすごく好きで!曲調もロックでギターキュイーンな感じ(どんな)でアップテンポなんだけど、重ために踊ってるのにカウントしっかり取れてて激しいのに落ち着いて見えるし、何よりあんながっつり踊ってるのに表情が超余裕そうでたまらん震える。

 

●12月:殺陣

上手奥スタンバイ→上手捌け→上手マンション(紫耀に斬られる)→上手奥スタンバイ(勝利に斬りかかり返討ちに)→上手捌け→上手登場(前田元太→森継に斬られる)→上手捌け)→上手登場(海人と刀を交えながら)→中央奥(ハンガーの下で刀振り回す)→上手捌け(紫耀→廉と二段斬りされ散る)

紫耀を助けるために廉が止めるのを振り払ってまでも龍に食べられちゃったかいちゃんが人質にとられるんだけど(トンチキ)、龍王側の健人軍の武士として若く美しき武士元太見参!!!

まさかこんなに早くJWで殺陣をやる元太くんが見れるなんて思わなくて超絶歓喜(号泣)

登場した時の立ち姿はそれはそれは精悍で、勝利軍(めっちゃ強そう)を真っ直ぐ見下ろしながら刀を携えてるのだけど、オラオラしてるというよりは戦いへの覚悟を決めてスッと立っててまじで清い。

そういえば、龍王はそもそも暖冬で異常気象になっちゃったから怒ったはずだったのに、殺陣の舞台はめちゃくちゃ吹雪いてる極寒の冬だったりする。

若き武士元太は基本的に斬り込み隊長で誰よりも先に斬りかかりに行くんだけど、殺られ役だから斬られては生き返り斬られては生き返り。元太くん不死身なの?かっこいいね。・°°・(>_<)・°°・。ってなる(ならない)。上手のマンションで紫耀くんにブスーッて盛大に刺される元太くん的見せ場?は、刺された時の表情が物凄くってびっくりするので、これから観劇される方もぜひ上手マンションのお顔がよく見えるお席でご観劇ください。

しょおれんかいがおっきなハンガーにぶら下がって上から刀振り回してくるズルいところがあるんだけど、ぶらんぶらん揺れてる3人に向かって滅茶苦茶に刀を振り回してどうしようもなくなってる元太くんジタバタしてて可愛いとか思って見てたけど、冷静にあのハンガーずるくない???いくらKingだからって正々堂々と面と向かって戦わないのはずるくない???(ジタバタ)

結局通算4,5回バッサバッサと斬られて若く美しき武士元太往年16にして儚く散る無念(完)

ちなみに絶対に笑ってはいけない12月はどれだけ自担武士の人物背景に(勝手に)感情移入出来るかが勝負みたいなとこある。


1/15追記:殺陣序盤、階段の上に駆け上がり上から飛んで斬りかかっていくところ、刀を構えて一瞬ニヤリと狂気染みた表情をするのが無理すぎて。

ハンガーにぶら下がるKingに向かって何度もなんども「うぉりゃあああ」「ころすぞぉおおおお」と声を荒げて叫んでいる姿や、腰を落として衣装の裾をキュッと持ち上げて刀を構えている姿もすごく様になっていて。殺気立った武士元太どんどん強そうになっていく…


 

というわけで、ここで1幕の元太くんの出番は終わり。天に昇る元太くんの魂に想い馳せながら演歌()を聴くお時間です。ちなみに殺人鬼と化した健人の餌食になる慎ちゃんが名役者すぎてめちゃくちゃかっこいいし、刀も持たず無防備で逃げようとしたところを無惨に斬り殺される樹ちゃんも超弱々しくて(褒めてる)すき。

 

〜2幕〜

○OP

月を見てる少年に話しかける内P

宇宙に行ってみたい!行けるさ!みたいな流れになって、既に宇宙にいると思ってたのに今ここはどこの設定なのか混乱するジャニーズトンチキワールド2幕スタート。

●♪HiHiJet(Moon ver.)

中央マンション(動きます)上手側2階中央

歌詞がレッツゴームーンみたいになってて、ジャニワって月に行く話だったんかーいってずっこける。絶対的にこれじゃない感。WMHBを歌う用の輪っかに橋本涼ちゃんが乗って本日3回目のHHJが始まります。

途中から曲がアップテンポになってくるんだけど元太くんは中央マンションの2階で小っちゃいシンバル叩いてます月に来てまでもかわいい。

 

●ジャニーズメドレー

舞台の両端にある縦長のLEDパネルに1人ずつJr.の名前と顔が映し出されて、今この曲にいるのはこの子たちですよ名前と顔をぜひ覚えていってくださいと言わんばかりの主張感。

なんかジャグリングしたりスケボーしたりここでも特技披露会が開催される。

・♪MFTP

ちび

・♪UMP

天才genius

バックの紫組が推せるさわやかかわいい

・♪Everybody go

Classmate J

ジャグリングと中国ゴマとスケボー

・♪夢物語

長妻めぐつぐ前田根岸谷村舜映林兄海宝とか

・♪UMPもどき

J!ジャニーズ!W!ワールドー!ジャニーズワールドー!っていう謎の替え歌と共に、チーム武がやってる4人で飛んでくる子達を受け止めてグルンて回してってやつを次々にやっていく。真ん中のチームに元太くん。初日はピンクの上着を着てた記憶があるのだけど、この前はオレンジのタンクトップ着てて1人だけやたらとモリモリしてるたくましい。紫耀くんが飛んでくるのを受け止める時、飛んでくる前からみんななんかニヤニヤしてて明らかに重たそうに受け止めてるの毎度地味に面白くなっちゃってるので紫耀くんはダイエットしてください。

最後、林蓮音くんを塚ちゃんがやるみたいに高く飛ばす技(伝われ)の馬を元太くんとふみとがやってて、ついに元太くんが完全なるアクロバット要員になっているのをムキムキの筋肉と共に見せ付けられます涙。

 

♪We wish you a merry christmas

※クリスマス終わってからは♪はつうた に変更

どうやら宇宙のルールだと20時を過ぎると中学生は地球に帰らないといけないらしく、すのーまんのお兄さん達がこの曲で中学生Jr.をお見送りしてくれる。客席に拍手を贈られる非常に良心的な20時対応。

 

●まだ見ぬ景色

可動ステージ下中央上手寄り→上手→上手奥→上手階段上→上手寄り中央→上手階段移動

元太くんのダンスがすごすぎて「やばい」しか言えない。サビのダンスが上上下下ってやる方の振り付けじゃなくてもっと動きが複雑な方の振り付けなんだけど、とにかくキレが良すぎて目立ちまくってるの「やばい」。とにかく体の軸移動どうやったらそんな綺麗に行くのか甚だ疑問すぎるし、気合の入り方が尋常じゃないし運が良いと髪の毛までかきあげてくれるの目眩する「やばい」。完全にモード入っててとにかく「やばい」。

曲の後半で上手側の階段のセットを移動して、その上に上がってポーズ決めるところもお色気出血大サービスしてくれるし「やばい」。語彙力が松倉くんになるしかないからまじでリアルにちょー「やばい」。やばい。

 

 

●闇を突き抜けて

舞台奥中央

まだ見ぬ景色で骨抜きにされたばっかりなのに、立て続けに元太くんが闇を突き抜けてくるから限界を越える疲れる。バックの緑衣装のメンバーの0番で最初から最後まで踊ってるんだけど、途中緑チームがごっそり半分くらい捌けて5人だけになるところがあって、4人を従えて堂々と踊るところは気迫と頼もしさで闇っていうか帝劇突き抜けそう。

前半は歌ってないんだけど、大サビ以降はずっとお口を大きくあけてがっつり歌っていて、踊りまくって髪の毛もちょっと乱れてて、すごく人間臭くって男らしい。ここの元太くんはかっこいいってより何より「良い男」。お!と!こ〜!お!と!こ〜!お!と!こ〜!わんえんつーえんすりーへいっ!(崩壊)

とてもじゃないけど舞台上で最年少だとは思えないエネルギーと力強さに溢れたとっても素敵なダンサーです。

 

A.B.C-Z〜Grate5

 

●時計をとめて〜ツキノミチ〜THE DREAM BOYS

下手登場→中央寄り下手

Kingのバックで踊る元太くんずっと曲の歌詞をしっかり口ずさんでいてダンスだけじゃなくてひとつひとつを丁寧にやりきっている感じがするのがとても好き。どの場面でも100で臨んでるのが痛いほど伝わってくる。この三曲どれもとっても好きな曲だからダンスももちろんだけど、歌ってくれてるのがすごく嬉しい( ;  ; )

ちなみに、♪時計をとめてでバックJr.が丸い時計を表してるフォーメーションで、2〜3時を担当してる元太くんがメンバーの中で抜群に背が低いおかげで2〜3時のところで時計が縦長になってるの愛おしさしかないです。

 

●Real Face

下手登場→下手捌け

すとんずのリエフェの後半下手側に登場して最後のサビ踊るんだけど、間奏のところフリーダンスで自由に踊ってる(気がする)ところが超好き。きょもちゃんが破壊したブロックの破片を回収するためにきっと出てきてるんだけど、とにかくこうゆうちょっとした補助的な出番にことごとくJr.担の血が騒ぐ…

 

COSMIC RESCUE

すのファンカッション。

今年の者ちゃんがやってたスティックスローもやってるんだけど、やっぱりあの距離でスティック投げて取れるのはあむげんちゃんだけだよね〜〜。・°°・(>_<)・°°・。ってやってるとあっという間に曲終わってる。


この曲終わりに、太鼓を持って黄色い衣装で元太くんが登場(舞台奥中央)するのだけど、いつもぴょんぴょんお尻ふりふりして、みんなとアイコンしたり楽しそう!ノリノリで若干険しめの表情してたりするんだけど可愛すぎるげんちゃん(16)

 

○Family

いや、きょもじぇしファミリーえび座初演かよ。・°°・(>_<)・°°・。ってやってるとあっという間に曲終わってる。

 

ブラックホール〜Forever L

中央マンション最上階303号室(12/24観劇時: 引っ越してて今は103号室)※仮面着けてるブラックホールのシーンからずっと103号室にいます。

やっぱりわたしはこのくらいのテンポの曲を踊る元太くんがたまらなく好きで好きで好きでまさにフォーエバーラブすぎる(?)し、この曲も歌詞完璧に頭に入っててしっかり口ずさんでるんだけど、「終わりのない世界へ君を連れて行くよ」って言う元太くん16歳高校1年生とんでもないからフォーリンラブすぎる(?)。

 

●内PのShow Time(少年隊メドレー)

下手前列登場→下手捌け

・♪まいったね今夜

下手奥

バックの下手側で黒ベストで踊る元太くんロイヤル(すき)

元太くんが全然いやらしくなく腰を回すところで何かが弾ける。

なんていうか簡単にいえば

大胆に踊る姿憎いくらい悩ましくて心奪われてTonightだから!もう本当に!まいったね今夜は!!!!てことです。

・♪What's your name

・♪ストライプブルー

・♪封印LOVE

上手奥→上手捌け

夢の中に刻む名前は君しかいないからね〜!と口ずさむ元太くんに「その言葉まるっとそのままお返しするよ!!!!」と心の中で愛を叫ぶのはお約束

・♪HEAVEN

上手→下手移動

おいでよヘブン!で慎太郎の後ろにわらわらっと出てくる中の1人が元太くんです。バッと手を広げてポーズする姿華やかでかっこいい!

・♪babybabybaby

下手奥

表情も明るくてやっぱりこういう華やかな曲が最高に似合うひとだすきだ〜〜〜ってなるし、やっぱりちゃんとこの曲も口ずさんでて、コンサートではなくてShowに出てる元太くんをもっともっとたくさん見たいな〜て思わせてくれる曲。

少年隊メドレーはどの曲もとっても表情が素敵。まいったね今夜は誘うような目をしていたり、babybabybabyは曲の軽快さに合わせて口ずさむ表情だったりまっすぐ前を見て楽しそうに踊る姿だったり。きらびやかなステージの上にとっても映えるなぁとすごく感じます。

 

Milky Way

カイちゃんのソロダンス見てると今年WMHBをやらなかったのは本当に勿体無いって思うから絶対にいつかカイちゃんはソロでWMHBを踊ってください。よければ元太くんと一緒に。


1/12追記:日に日にかいちゃんの苦しさが増していって、今にも壊れそうな姿がとにかくとっても綺麗…自信ないけど、少しダンスのテイストが変わった感じがして、とにかく張り裂けて消えてしまいそうな孤独すら感じられてすごく素敵。ずっと見ていたい。

 

○LGTE

あ、もう帰るんだって思ったらみんな衣装がテカテカのカラフルで、いや、そんなんで地球に帰れると思うなよ💢💢(意訳:元太くんにもLGTEを躍らせろください)てか、振り付け新しくなってて全然一緒に踊れない💢💢

 

●HiHiJET

上手登場→下手→舞台中央→舞台上段で地球補助→中央上手寄り

HiHiJETを歌うHiHiJETではない出演者達。

HHJ披露した少年見ないままJW初日入ったのにEDまでに完璧に曲覚えたどんだけ歌わせるんだ好きだけど。

元太くんはステージ上で膨らむ巨大な風船の地球を膨らます補助係で長妻くんとJETなDOするLIFEなう(HHJ洗脳)風船が膨らんでいくのを、背中で支えながら地球背負ってる元太くんまじ『壮大かっこいい』っていう新ジャンル切り開いてる!ノリノリで口ずさむ姿も最後の最後まで健在ですきがJETなDOしちゃうから困る!!!!

 

 

と、いうわけで『ジャニーズやたらダンス上手い子いるなと思ったら元太くんなんすよワールド2015』がこれにて幕を閉じるわけなのだけど、本当その名の通りびっくりするくらいバーっと全体を見てても一際目を引く存在でとにかくそうやって大量にある出番の大きい小さい長い短いに関わらず、ステージの上に立つと100%、200%いやもっと。

今回の元太くんを見ての1番の印象がやっぱり『気迫』に尽きました。

 

初めてがたくさん詰まっている今回のジャニーズワールド。立ち回りをもらった殺陣、初めての舞台での台詞、ソロダンス、今まで以上にバックのJr.として責任の大きい仕事を任される場面もすごく多くなりました。

言い方を変えれば、いわゆるJr.としての立ち位置は前よりも悪くなったっていうのかもしれないけど、誰にでもできることじゃないことをたくさんやらせてもらえるということは間違いなく、たくさんいるJr.の中の一人としてではなく松田元太という個人としてそこに立っていることの証だと思いました。

JWが始まる前の雑誌で元太くんが話していた”何か自分の武器を見つけよう”っていう言葉は、松倉くんのSHOCKを見て、他にはないその人だけのポジションっていうものに対する強い想いだったんだなっていうのがすごく感じられて、そのために自分から動いてみて、そうした元太くんの前向きでエネルギーと覚悟から生まれた素敵な想いが、今こうしてジャニーズワールドの舞台でたくさんの人に感銘を与えているんじゃないかなと思います。

何気なく流れてくる「ダンス上手いなって思ったらげんげんだった」「げんげん見ちゃった」っていうツイート。それってとんでもないことだなと日々思います。

大勢のJr.が名札もつけず同じ舞台で同じダンスを踊ってる中からパッと抜きん出て心に残る存在になる、そうやって自分を取り巻く環境や状況に左右されない、自分の努力と生身の体を使って人を惹きつけられるひとは絶対に誰にも何にも負けないし、松田元太くんというアイドルそのものが他と戦える最大の武器になってるなと今回のジャニーズワールドを見て強く感じました。

そうやってどんどん進化してとどまるところを知らない元太くんをもっともっと見たい!見逃したくない!!

 

大好きなひとの大好きな舞台、そしてそんな大好きがひとつまたひとつとたくさんの心を奪って無限に広がっていく素敵すぎるこの舞台期間が永遠に続けばいいのに…

 

最後までもっともっと輝きを増して、もっともっとびっくりさせて欲しい!

無事に、そして全力で残りの公演も駆け抜けられますように。